秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

電車でナンパ

数年前になります。

私は遠距離恋愛をしていて彼女との別れを惜しみながら、特急電車に乗り東京を後にしました。

時間は19:00くらいだったと思います。

ひと月ぶりに彼女と散々イチャついて疲れはて、三時間の道のりはながいなぁ~と思いながら自由席に並んでいました。

結構込んでいて早く並んでいたので座れそうで良かったと思っていました。

扉が開き二人かけの窓際の席に座り小説を読みながら出発をまっていました。

たいがい、サラリーマンが
「隣り空いてますか?」
と、聞いてくるのが当たり前なのですが、その日は違いました。

当時、私は25歳。

隣りの席にと声をかけてきたのは20歳そこそこのギャル風な女の子でした。

内心ラッキーと思ったのは当然です。

細身で胸は体の割りに大きく見えました。

結構バカっぽい顔立ちでしたが、その変を入れても可愛い感じの女の子です。

「タバコ吸ってもいいですか?」
と列車が動き出してから話しかけてきたのがキッカケで
「僕も吸うからね、気にしないで吸っていいよ」
と気軽に話してあげたら、気さくに話しかけてくるようになりました。

「本読むのの邪魔ですか?」
と聞いてきたので、
「一人だと退屈だからね、ホントは誰かと話しながらの方が時間つぶしになるし」
と言ってやるとあれこれ話し出した。

前は銀座でホステスやっててお店のNo.1だったとか、彼氏に会いにきたとか、たまに、おじさんと会ってあげるだけでお小遣いもらうとか
(肉体関係はなしですよ~と言っていたが、わかりません)
要するに彼女はハイテンションで酔っ払っていたんです。

やや、おじさんと会ったときの話をするときに、
「この話は声小さくしたほういいよ」
などと、注意を促すほどでした。

「おなか空いたからおにぎりたべます!」
と言って足元においてあるカバンから取り出そうと身体を前に倒したとき、デニムパンツの腰から上が丸見えで、緑のTバックが丸見えになりました。
(もちろん凝視してしまいました)

『そ・そのTバックをぐいっと引っ張りたい』
その衝動を堪えるのに大変でした。

お尻も大きく、スタイルはかなりいいです。

いろいろ話して2時間くらいがたち、彼女は私の降りる次の駅で降りると言う。

私は車でしたので、
「駅からタクシー?酔ってるから車じゃないでしょ?」
と聞くと
「そうですよぉ。駅からちょっとあるんですよ」
と言ってきたので
「僕は前の駅だし、方向的にそんなに遠回りじゃないから送るよ」
と言うと、今お金ないから嬉しい♪と即OKです。

結構軽いし、楽しめるかな?と思ったのは当然です。

駅へ二人で降り、私の車へ向います。

向うまでも、ハイテンションの彼女はしゃべりまくりです。

確かにまったく飽きずに電車で3時間過ごせた事はありがたかった。

車に乗ってから
「お酒飲み足りないんじゃない?僕のアパートにあるからさ。飲みなおそうよ。僕もどうせ飲んでから寝るつもりだったしさ」
と、さり気無く言ってみた。

「え!いいの!ラッキー♪飲む飲む」
かなり軽すぎて内心いいのか?これでと思いましたが、どうやらOKのようです。

部屋へつくとビールを出してやるとガブガブ飲み出す。

私は一缶空けてから、
「シャワー浴びてくるから、テレビでも見てまっててよ」
と言って風呂場へ向った。

出てくると、彼女は旅帰りなのでバックからパジャマを出して着ていた。

「おかえり~、風呂上りのいっぱい上手いよぉ~」
とビールを勧めてきた。

俺の家の酒なのに・・・

パジャマは膝くらいまでのブルーのワンピースで、ゆったりしている。

彼女が動くたびに胸がプルンプルン震えて乳首の動く位置まで見えた。

ついつぎ凝視してしまい、それに気が付いた彼女は
「あぁーー!えろーい。あたしいつも胸見られんだよね」
「だってさ、そんなに動いたら見ちゃうって」
「あ!何!!勃起してんじゃん?」
そういうと私の勃起したチンポの先をズボン越しに握りシフトチェンジのようにガチガチ動かしたんです。

「やろ!?」
と彼女から言って来ました。

ズボンを下げられフェラをしはじめると、これが凄い上手い。

「上手すぎるよ、いっちゃうかもしんないって」
「へへぇ、いつもお客さんにいわれてたもん」
「お客さんって、銀座のお店のときの?」
「そそ、モグモグ」

No.1かはわかりませんが、客はつくだろうとは思いました。

あまりにも上手すぎて逝きそうだったので、攻守交替です。

ワンピースをまくると緑のTバックが現れました。

電車での望みをかなえるべく、四つんばいにさせて引っ張りました。

「やだよぉ~はずかしいって」
そういいながらも、細身に大き目のお尻に自信があるのか四つんばいで腰を振ってくれました。

ハッキリいってこんなエロい女は初めてです。

AVでも見てるような挑発振りですが、彼女の表情を見ると挑発してる風はなく、恥かしそうに動かしている。

後で話を聞いたのですが、長く付き合っていた彼がSでいろいろエッチを教わったそうです。
(要するにエロいセックスを仕込まれたと思ってください)

全部脱がせると胸もデカイ。

Eカップだと言ってましたが、バカで軽くなければ絶対に彼女にしたら離せない女です。

指マンでも簡単に逝くし、更にいく時は足を広げて必ず腰をガクガク動かします。

癖になってるようでした。

卑猥すぎます。

挿入はバックから
「あぁ~チンポがマンコに入ってくるぅ~。ずぶずぶ奥まではいりますぅ~あぁ!!」
と言うように挿入時は実況してくれました。

どういう調教のされ方をしたのかは知りませんが、さんざんエロ過ぎです。

正上位になり生でしてたので、逝きそうになり腹に出そうと抜くと
「お口にちょうだい!!」
と、自らチンポめがけて顔を寄せてきてパクリ!

思いっきり口にだしてやりました。

出した後は、絞り取る様に手と口で吸い上げてくれて、これは私だけなのかわかりませんが、逝った後のチンポは敏感になり入念に吸い上げられると、縮まる事ができません。

フェラテクを駆使して、玉舐め、アナル舐めをされると私は「あぁ~良すぎるよぉ」としか言えずに大の字です。

そこへ彼女は騎乗位挿入をしてきて、これまたエロい腰使いです。

あのクネクネさは彼女以外ではAV嬢がたまに見せるくらい。

とても素人とは思えませんでした。

次の日は仕事でしたが、急な風邪になりその日もハメ倒しました。

彼女と付き合うようになりました。

基本的に女の子にお金は払わせないと言うスタンスが、彼女には斬新だったようで
(水商売ってそんなにシビアなんですかね?)
ロクな男にあってなかったんだなと思いました。

しかし、私も遠距離の彼女がいる身です。

列車の中でもその話は彼女にしています。

すると
「こっちのときだけの彼女でいいよぉ」
と軽い。

遠距離彼女と電話をしてるときも、フェラや騎乗位をしてくれるのでその辺は全く意に介していないようでした。

要するに今で言うセフレの感覚なんだと思いますが・・。

確かに、可愛くていい体の彼女ですが、働いていない彼女に
「今日なにしてたの?」
と聞くと
「おじさんと会ってご飯食べたら、5万もらったぁ」
と言う事がしょっちゅうです。

体は許してないと言い張りますが、どうでもよくなりました。

週に2・3回たっぷりと抜かせてもらう中、3年くらい付き合い、私の転勤とともに別れました。

世の中にはいろんな人間がいるんだと思いました。

今も、極たまにメールが来ます。

もちろん、会いに行くことはありませんが、ホントにいた女なんだと思い出します。

彼女は今、結婚して子持ちです。

相手は、公務員だそうです。

浮気はしてなくて、私ともしないよと言ってました。

結婚したら遊びはしない。
と言ってました。

ホントかどうかしりませんが、意外とホントで幸せに過ごしてるのかもしれないです。

 - ナンパの体験談