秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

通学中の痴女

俺が学生の頃。

相手は20代後半くらいのOLっぽい女性。

濃い茶髪のロングヘアで、あんまりメイクは濃くない、知的な感じの美人。

ラッシュ時の急行だからめちゃくちゃ満員だった。

OLはイヤホンで音楽聴きながらドア付近の角を確保してて、俺は周りに押されてOLに密着してる状態だった。

そのまま電車に揺られていると、OLの手の甲がチンコにかすめるように当たる。

女の直の肌だということを意識すると、だんだん勃ってきてしまった。

やべーと思って腰を引こうとしても、後ろのオッサンに押し返されて動けない。

電車の揺れに合わせて、いい感じにこすれ続けるから、小さくしようと思っても無理。

とりあえず痴漢!とかいって騒がれたらまずいなと思って、携帯いじる為に上に出してた右手はそのまま、左手はバッグ持ってたけど肩にかけて、つり革持つ事にした。

それで不可抗力ですよーっていうスタンスを出しながら、OLのシャンプーのいい匂いと、たまに来る手の感触をひそかに堪能してた。

すると停車駅が来て、人の流れがおきて、更にぎゅうぎゅうになった。

OLが立ち方を変えて、俺も押されたから、正面からモロに密着してる感じになった。

電車が動き出して、OLの体と俺の体に挟まれたようになってるOLの手が、もぞもぞと動いた。

この動きがチンコ直撃!!

更にOLが手を返して、手のひらの方を俺に向けてきた。

柔らかくチンコを包むような感じ。

これ、絶対わざとだろ!!!

内心興奮して、心臓バクバクさせながらOLの表情をチラ見したけど、平然とした顔して窓の外見ながら音楽聴いてた。

でも、握ったり離したりする動きを加えてきたので、わざとなこと確定。

マジかー、痴女って本当にいるんだな!と妙に感動した。

感動してたら、チンコを上下にしごくように動いてきた。

シチュエーション的な興奮もあって、服越しなのにマジで気持ちいい。

童貞だったから、これが初めての人の手だったんだよ。

OLがイヤホン外してバッグの中にしまって、そうしながら手は平然と動かしてくる。

ちょっとイキそうな気配がしてきて、パンツの中にぶちまけたら学校でどうすんだ、と思って腰を引いて逃げようとするけど、ここは満員。

逃げ場なし。

しばらく目を閉じて堪えていたけど、気持ちよくて膝がガクガクしてきて、もうイッちゃえよ、精子なんかトイレで拭けばいいだろって思ってしまった。

目を開けてOLの方を見ると、OLが俺の顔を見てた。

ちょっと口元が笑ってた。

我慢してる顔をずっと見られてた!っていう恥ずかしさと、しびれるような感覚がその瞬間に爆発して、絶頂した。

チンコがOLの手の中でビクンビクンなって、膝や肩も細かく震えた。

オナニーとはレベルが違う、凄まじい射精だった。

声が出そうになるのを必死で抑えた。

射精が終わって脱力してOLを見ると、また平然とした顔で窓の外を見ていた。

気持ちよかった…って呆然としつつ、同時にパンツやべーと冷静に思ったりもした。

駅のトイレで精子をぬぐって、学校には普通に行った。

今思うと精子臭かったんじゃね?と思う。

その後、何回かあのOLに会えないかと思って、同じ便の同じ車両に乗ってみたんだけど結局一度も会えず仕舞いでした。

 - 学校・職場での体験談 , ,