秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

訪問販売のお姉さん

嘘と思われるかも知れないけど本当の話です。

S5の夏休みの日。

一人で留守番してると、30~35位の(当時はその位に思えた)女の人が教材を売りに来た。

当時の私は極度の人見知りと内向的性格により、まともに対応出来ず、向こうが尋ねてそれに対して『うん』と『違う』で返答し、家には私一人と言う事は向こうに伝わった。

当時の私の家は、玄関は人一人が入るといっぱいで、よいしょと60㎝位の段差を上がる仕様になってた。

女の人は、

「取り敢えず内容だけでもボク、見てよ」

と、私の足元に教材を広げて簡単な説明を始めた。

おろおろする私。

その時、はっと気付くと大きく開いたワンピの胸元の屈んで浮いたブラの隙間から乳首が見える!

その時の衝撃と興奮は、今でもありありと思い出せる。

段差により、上から覗き込む様な絶好の好位置。

くいいる様に見つめてつい、鼻息も荒くなりました。

当時の私は電話で話したりするのも緊張し、鼻息で話してる事が分からない、と言われる位でしたから(笑)かなり大きな音がしてたと思います。

その音に気付いてか、彼女がふと顔を上げ胸元を凝視して鼻息を荒くしてる私と目が合いました。

目を逸らしてオロオロしてる私。

『怒られる。』とビクビクしてました。

すると彼女は、

「可愛いわねぇ」

と言う様な事を二、三回言って笑いました。

もしかしたら半ズボンの膨らみを見られたかも知れません。

その時、はっきりと覚えてます。

彼女は

「ちょっといいかな?」

って聞いてきました。

何がいいのかは解りませんでしたが

「はい」

と、うろ覚えですが言ったと思います。

彼女は、自分の目の前にある私の半ズボンをパンツごと脱がしました。

脱がした後、玄関の鍵のノブを捻ったのを見て、いい知れぬ不安を覚えたのを覚えてます。

何か小さい声で、

「おっきい」

とか、

「元気だわぁ」

とか言ってたんで、彼女も少し興奮してたのか・・・・。

自慰は春先からしてはいたが、人に触られたりするのは初めてで興奮しながらも恐かった。

彼女は、半剥けだった私のモノをコットンパフみたいな物で素早く拭くと私の腰に手を回し引き寄せ、いきなりパクっときました。

今でも思い出すが、凄い吸引力と舌使いだった。

風俗でもお目にかかれない程の。

激しく顔を前後させ、合間には舌で尿道やカリを音を立ててねぶる。

まさにAVの様な見事な攻めでした。

フェラチオと言う行為自体を当時知りませんでしたが、オナニーの様に気持ちが良くなり精子が出る行為だと言う事は解りました。

私は親や近所の人が来るのではないかと、焦って早く出したい、出したいと思ってた。

初めて自分の手以外での性器への快感。

しかも何倍もの快感。

思わず相手の頭を抱えてあーっとか、気持ちいい、とか恥ずかしい事を呻いていたよ。

程なくして射精の瞬間が来て、今なら相手に知らせるけど当時は呻くだけでそのまま口の中に出してしまった。

彼女はそう慌てた風も無く、くぐもった笑い声を上げるとハンカチに吐き出して

「水ちょうだい」

と、うちに上がって口をゆすいでった。

最後に

「良かったねー、ボク」

とだけ言って、私にズボンを履かせた後出ていった。

私は終わった後、足がガクガク震えて何か恐い事が起こるんじゃないか、親にバレて凄く怒られるんじゃないかってびくびくして、自分の部屋で夜まで籠もってたのを覚えてます。

今にして思えば、乳を触っておけば、とかセックスまで手ほどきしてもらえれば、などと後悔の念もありますが・・・。

【愛テク】

 - 禁断の体験談 , ,