TOP >  未分類 > 結石治療?

結石治療?

結石治療? 

前に「手コキ???」ってタイトルで投稿した、結石治療のその後です。実は、2回目がありました。1回では完全に砕けないこともあると聞いてはいましたが、まさか自分がそうなるとは…この分では、3回目…なんていうことにも、なりかねません。破砕をやった1週間後、まずは検査。さっき撮ったレントゲン画像を見ながら「うーん、大きさは最初の半分ぐらいですけど、ココに残ってますね。もう1回やっときましょう。」エラく簡単に言ってくれるな、医者。ま、2回目以降は無料らしいから、いいようなモンだけど。要領もわかってるんで、サッサと破砕室に行く。看護婦さんは前とは違う人で、歳はもう少し上、俺と同じぐらいか。スラリとした、気さくで上品なおばさんといった感じ。前の人みたく、いきなりチンコつかんでガシゴシ擦るなんて、しなさそうな雰囲気で、まあ安心というか、ちょっと物足りないというか…で、前と同じようにカーテンの奥でパパッと裸になって、例の紙おむつみたいなトランクスをはいて、術着を着る。あれ?術着、上だけしかないよ?下のほうは?カーテンから顔だけだして看護婦さんに聞いてみる。「あの、術着、上だけしか…」「あぁ、それでいいそうです。どうせ下は脱いでもらうことになりますから…でしたよね、先生?」即答でした。なんか、パンツ下ろされるの確定みたいだ。少しでも恥ずかしくないように、予め剥いておいて…と。コノヤロ、戻るな。戻る時に毛を巻き込むと、痛かったりするんだよな。普通に剥けてるヤツらにはわからんかもしれんが、包茎ってすごいコンプレックスなんだぞ。あんまり遅いんで、看護婦さんが声をかけてきた。「どうされました?着替え、できました?」待て、せかすな。色々都合があるんだよ。しかし、白いトランクスだけってのもハズいもんだな。すぐ脱ぐにしても、下も欲しかったかな。とはいえ、これ以上グズグズしてるわけにもいかないんで、諦めて出ていって、ベッドに仰向けに寝る。なんとなく、前を隠すように手を置いて…「前よりだいぶ下がってはきてます。なので、前回よりも、ずっと下のほうに当てることになります。」既に打ち合わせ済みみたいで、看護婦さん、すぐに横にきた。「じゃあ、ごめんなさい。少し下げますね。」「…は、はぁ」(少し…ね)そして耳元に顔を寄せると、俺にだけ聞こえるような小さい声でささやいた。「だいじょうぶですよ。気にしないで。」いゃ、その台詞、その表情、スゴい破壊力です。早くも半勃起。看護婦さん、トランクスのゴムに指をかけて引き下ろそうとするが、その、ちょっと引っ掛かってるみたいで…。ゴムの前を引っ張って持ち上げておいて…グイッ。ブルン!うわ。。。覚悟はしてはいたが、やっぱりハズい。…で…???看護婦さん、半勃起を凝視。いや、そんなに見つめなくても。オジサンのチンコなんて、見てもしかたないだろうに。で、あの…タオルとかは?無しですか?前のときはかけてくれましたよ?勇気をふりしぼって、というか、開き直って、言ってみる。「あの、すみません、タオルかなにか…」「あぁ、ごめんね。ギリギリの場所に当てるんで、ちょっとムリかな?でも、だいじょうぶですよ。恥ずかしくないですよ。」待ってくれ。恥ずかしいか恥ずかしくないかは、俺に決めさせてほしい。それにね。『ムリかな?』なんてカワイイ言い方、カンベンだよ。ほらみろ。…いや、ちがう。見ないで。せっかくおさまりかけたのが、また。セッティングを終えたらしい医者が声をかけてきた。「えーっと、お待たせしました。始めますよ。」べつに、そんなにお待ちしてたわけでもないが。医者が機械を操作して、例のヤツが下がってくる。おなかに圧迫が…へ?いや、ソコ、違うよ?それ、チンコだって。変なトコあてないでほしい。でも、かまわずそのまま下がってくる。医者、ちゃんと見てるのかな。いや、チンコ見てほしいわけじゃないけど。衝撃波って、硬いところに集中する性質があって、それで石が砕けるって聞いたぞ。チンコ硬くなってて砕ける…なんてことはないよな。怖っ…結局、チンコは機械のいちばんはしっこあたりで押され、ヌルヌルのゼリーでツルンと滑って外に押し出された感じ。まあ、剥きだしだけど、機械の陰に隠れたみたいになって、少しは助かったのかもしれない。「じゃあ、始めますよ。」パチパチ…腰いてぇ。この体勢、けっこうツラいよ?そして小一時間。パチパチ…が自動停止。「はい、終わりです。お疲れさまでした。」なんかね、今回のはすごく疲れて、グッタリだった。体を斜めにして寝る体勢ってのが、かなりキツかった。医者の声が虚ろに聞こえるぐらい。息が荒くて、冷汗もかいてる。看護婦さんが心配そうに顔を覗きこんで「だいじょうぶですか?」って、そっと手を握って、額の汗を拭いてくれた。うぅ…なんて優しい。また、ウルッときてしまったじゃねーか。で、また『ウィーン』て動いて、お腹が圧迫から開放。同時にチンコも開放。完全に縮こまってる。知ってるか?縮こまった包茎チンコって、むちゃくちゃハズいんだぞ。今回はタオルも無しだから、いきなりモロに露出だし。看護婦さんは俺の手を握ったまま。ハズい…ハズいが、グッタリして、体、動かせれない。気がつくと俺、看護婦さんの手をシッカと握ってたよ。ゴメン。しばらくして看護婦さん、耳元に口を寄せると「疲れました?でも、お腹、拭いときましょうね。」優しくささやいて手を離し、タオルを取りに行った。ここまで優しく扱われると、いくらオジサンだって、そりゃウルッとくるよ?看護婦さん、すぐに、タオルやウェットティッシュを抱えて戻ってきた。ウェットティッシュを2~3枚、手に持って、お腹、脇腹と、前の時と同じ。とても丁寧だなと感動してたら…うわ。なんだか柔らかいもので、チンコとタマ、全体がつつまれた。予想外の攻撃に、思わず腰がひける。看護婦さん、少し驚いたように手を止める。「あらっ、ごめんなさい、どうしよう。痛かった?」「い、いいえ、そうじゃないです。だいじょうぶです。」「あぁ、よかった。キレイに拭いとかないと。」で、再開。なんでそんなに優しいの?なのに、俺ときたら…ヤバい。気持ち良すぎる。ほんと、ヤバいって。勃ってきたよ?当然、気付いてますよね?看護婦さん、かまわず、チンコを、タマを、両手で包んで揉むようにして拭く。そっとやさしく、絶妙のタッチで。3秒とたたない間に、MAX。もう、ギンギンとしか言い様のない状態。またまた恥ずかしいやら申し訳ないやら…思わず、謝ってしまった。「あ、あの…すみません。」「うん、いいですよ。気にしないから。」「すみません。ありがとう。ほんと、すみません。」「はいはい。」なんか、涙でてきた。この間ずっと、チンコを拭く手はとまらない。あと10秒も続いてたら、本当に逝ってしまってたかもしれない。拭き終わって、チンコをタオルで覆うと、「ハイ、おしまい。下着もベトベトだから、取っときますね。ごめんねー。」と言いながら、パンツを脱がせてくれました。片手でチンコのタオルを押さえ、看護婦さんに助けられながら起き上がって、ベッドから降りる。カーテンのところ、更衣室へ。あーぁ、お尻丸出しだよ。看護婦さん、フラつく俺の肩に手を回して支えながら小さな声で「ゴメンなさい。パンツはいとけばよかったねぇ。」だって。次の予約は来週の金曜日。検査して、まだ残ってるようなら、もう一度やる。やってほしいような、もうカンベンしてほしいような…何日かに一度ぐらいやってくる、あの激痛もイヤだし…

(C)秘密のエッチな体験談