秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

結婚直前の彼女が元カレと生で中出しセックスしてた

結婚直前の彼女が元カレと生で中出しセックスしてた

今から15年前の話ですが…
俺25才、彼女24才の時の事です。
知り合ったのは5年前、俺20才、彼女19才の頃でした。
彼女のUは、細身でAカップ、尻少し大きい、顔は可愛い系。
専門学校で知り合い友達から発展して付き合う様になり、卒業と共に自然に別れた感じでした。
俺は東京(寿司屋のでっち)に、Uは地元のままでした。
俺は仕事が忙しくてUの事は忘れてた所に、1年ぶりに連絡が入り久しぶりに会った。綺麗になってた。
Uは東京に仕事が決まったらしく、上京して家賃半分ずつ(光熱費は俺)って事で、1DKの狭い所でいっしょに暮らしはじめた。
彼女は真面目な優しい人で、毎日俺が帰るまで夕食なんかも食べないでまっててくれ、2人で食べ、Hは週3~4回あり、休み合わせて旅行とかも行き、お互い幸せでした。
それから3年、貯金も少しずつ貯まりそろそろ結婚って話になり、お互いの親に挨拶に行き、結納を済ませ婚約者となりました。
彼女の親友T美と(俺も少し顔見知り)その彼氏K次君が御祝いに来てくれて、楽しく1泊して帰りました。
式場探し、式の打ち合わせとかでそのつど休みを合わせ、何回も2人で田舎に帰り、俺は日帰り、彼女は1泊して帰って来ます。
彼女の家は母子家庭なので、しかたがないって思ってました…
その頃から、だんだんHの回数も上手くかわされ、拒否される様になってきた。
仕事と式の準備で疲れてるんだと思い、それぞれの分担してた家事とか全部やり、実家に帰りたいって言われたら気持ち良く送り出し、いたわってあげたつもり…でした…
そんなある日の事、親友T美から仕事場に直接連絡が入り
「K次が頻繁に東京に行ってるんだけど、引っ越しの手伝いだって言うんだけど…今日も行ったんだけど…なんか怪しい」
って言われたのです。
俺は「???」で、すぐアパートに電話したけど出てくれなくて…
仕事からはとっくに帰ってるはずなのに…
もう1回電話…やっぱり出ない。
俺は仕事を早退してアパートに帰った。
玄関を開けて中に入ると、Uのあの時の声がハッキリと聞こえ
U「イィ~…イイィ~…Kイイヨぉ~~イキそう…イックゥ~~…」
K次「俺もイキそう…イクッ」
その瞬間を見て、聞いてしまった俺…
重なり合ったまま動かない2人…
よくよく見ると中出しか・・・?
K次「結婚してからも会えるかな…」
U「結婚したら~…どうしょうかな…式の前日までならいいよ!後はあの人に悪いし…それより…毛、どうしょう…生えてくるかな…どうしょう~…」
K次「生えてくるまでやらせなければいいじゃん」
U「バーカ!キスマークだってイッパイだよ…どーしよ消えるかなぁ…」
K次「見える所は無いから大丈夫だよ!それより子供できてたらどーする?」
U「ん~そーだな~…大丈夫!あの人の子にしちゃう!」
K次「だいたいヤッテないのにそれは無理だろ!アハハハ!」
U「大丈夫!あいつならわかんないアハハハ!」
まだ重なり合いキスしながら俺を馬鹿にして笑いあってる…
俺は硬直、動揺、ミジメ、全て通り越し怒りが爆発!
俺「何やってんだオマエラっ!」
一瞬固まる2人、訳のわからない事言いながら焦るK次!蒼白になるU!
やっとマンコからチンコが抜け、白いのがダラーっと出てきた。
毛はキレーに無くマンコの周り、お腹、胸にキスマークだらけ。
「そんなキタネー身体、何時までさらしてんだっ!何か着ろっ!テメーらいろいろヤッテくれたなぁ!キッチリけつ拭いて貰うから覚悟しときな!それからそんなキタネー身体一生使う気ネーからっ!」
我に返ったU…イキなり泣き出して
U「なんで…どうしてそこにいるの…何時からいたの…どうして…どうして…」
K次は着替え終了、Uまだ裸。
俺はT美に電話しながら
「Uー早く着替えろ醜いんだよっ!俺、お前がイク前からいたよ!中だしは最高か?気持ち良いか?もし子供ができたら俺の子…ふざけんな避妊してる俺の子か?バカにするのも大概にしろっ!いくら俺でもそのくらい分かるわっ!」
「あー、もしもし、T美ちゃん…黒!やっぱりコイツラヤッテたよ!しかも思いっ切り中だしだよ!」
K次はT美との電話だとしり「やめてくれ」って言いながら飛びついて来たので前蹴り1発。
「いいから座ってろ!テメー1人だけ良い思いはさせねーから」
俺は怒鳴った。2人を並べて座らせ、成り行きを聞いた。
Uが1泊で帰ってるって事で、地元の友達が集まってお祝いしてくれたらしい。
Uは程よく酔っ払い、T美とK次に付き添われ帰宅。
途中のコンビニでT美がトイレ、その時に口説かれたらしい…
「このまま結婚しちゃって良いの?」の言葉が頭から離れないでいた時に、キスされ舌入れられ胸触られ、抵抗はしたと。
けど、俺とT美からくる背徳感から、特に俺へのうしろめたさが強く胸が苦しくなり、でも体が反応してしまったらしい。
Uは悪い事と知りながら、その罪悪感と快感に溺れ悪い事にはまっていった。それからズルズルと今日まできたと…
K次は結婚する迄だからやりたい放題やったらしい…
俺は呆れ果て、泣きっぱなしのUにうんざりして
「2人して田舎に帰れっ!」
追い出す気になると、Uが大泣きしながら
「ごめんなさい…追い出さないで…ごめんなさい」
って縋り付き、事の重大さに気付いた様で、捨てないでまで言われたが、2人の顔を見てるとなおさら頭にくるので取り合えず実家に帰した。
俺は放心状態で脱力感におそわれた。
その夜、俺の親、Uの親、K次の親、T美に電話して後日話し合いました。
2人は黙ったまま下を向いて話しを聞くだけ。
Uの親は泣いてて、俺が婚約破棄と慰謝料の請求をしたら、Uは崩れ落ち大泣き、T美はUを睨みK次を殴り、帰って行きました。
俺はそこで初めて、楽しかったUとの生活を思い出し、泣きました。

 - ネトラレ体験談 ,