秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

窓開けっぱなしで寝てたら

大○でアパートを借り、1人暮らししている24歳です。

アタシが住んでいる階は1階で、窓の外に下着を干しているとよく盗られます。

この前、外の気温が調度良く、電気代の節約にもなるので窓を開けたまま寝てしまったんです。

ふと胸の辺りに妙な感触を感じ、目を覚ますと男の人がアタシの乳首を舌で転がしていました。

乳首だけじゃなく身体中が唾液でビチョビチョになってるわ、男は一心不乱にレロレロしてるわで、驚くも声が出ませんでした。

男はそのままアタシの膣をクンニしてきて、思わず感じて声を上げると、

「なんや、起きてたん?」

と何事も無かったかのようにクンニを続けてました。

もうコソコソしなくてもいいと開き直ったのか、時々大きくすする音を立てて吸ってきます。

クリを凄い勢いで舌に転がされ弾かれ、アタシは悔しくもイッてしまいました。

男は笑いながら、

「うわ、すごいな…濡れるどころか湧いてるやん」

と膣を開いて眺めてました。

恥ずかしくてキツク目を瞑っていると、硬くて暖かいのがアタシの入り口をヌルッヌルッと焦らすように押し付けられました。

アタシもうムラムラして我慢できなくて、自分から腰使って挿れてしまいました。

「あはぁっ、あぁぁぁ~ん!」

って恥ずかしい声をあげてしまい、アタシの心のどこかで何かが吹っ切れてしまいました。

男が腰を打ちつけると、じゅぷっじゅぷっズコンズコンと隣近所に聞こえるくらいの激しいピストンをされ、

「やんっ、ダメッ、あんっあんっ!」

とアタシの声だけが部屋に響いていました。

バックや駅弁でさんざんオモチャにされ、好き放題に突かれ続けました。

騎乗位に持っていかれた時なんか、自分からムチャクチャ求めちゃって…

「もっと、お願いもっと突いて…子宮コツンコツンして」

なんて口走っちゃって、今思い出しても濡れてきてしまいます。

見ず知らずの男に、たった一晩のエッチで何回イッたのか数え切れません。

犯されたのに感じまくって、また来て欲しいと願ってしまうアタシは変態です。

【乙女恋愛】

 - 禁断の体験談 ,