秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

癖になるノーブラ

何年か前の夏に、友人カップル6名とバーベキューに行った時の話。

丹沢にある大きなキャンプ場は、夏休みシーズンでもあり家族連れなどでたいへんな賑わいでした。

自分の彼女は体が細い割りに胸が大きい、いわゆるやらしい体つきをした自慢の彼女です。

準備をしている時も、タンクトップから覗く胸の谷間は絶景で注目の的です。

仲のよい友人達なので、多少見えていても特に気にすることはありません。

外で食べるお肉はとても美味しく、お酒もかなり進みます。

飲み会のような状況になり、王様ゲーム的な方向へ発展していきました。

初期はライトな命令ですが、徐々に下ネタ要素が入ってくるのが定番です。

キャンプ客がいる開放的な場所なので、ヘビーな内容はNGですが、パンツデジカメ撮影や、野郎同士で接吻などの命令も下ってきました。

そんな命令の中で、よりによって自分の彼女に『帰宅までノーブラ』という命令が下りました。

かなりきわどい命令を友人の彼女等が実行してきてたので、ここで拒否は状況的に空気を悪くします。

しかし、内容的に彼女は絶対拒否だろうと思いきや、俺のとこに来て

「どうする?いいの?」

という意外な相談。

お酒の力って凄いと思いました。

同時に俺のエッチ心に火がつきます。

「生乳見せるわけじゃないから平気じゃない?たぶんわからないよ」

わからない訳ありません。

今日の彼女は無地の水色タンクトップのみです。

彼女はうなずき、トイレへブラを外しに行きました。

しばらくして彼女がトイレから戻ってくるのが見えます。

足場が悪いのが重なって、遠くからでも胸が激しく揺れているのがわかります。

友人やその彼女まで歓声をあげます。

彼女が通り過ぎる時にキャンプ場の男性達の動きが一瞬止まり、視線は胸へと向けられています。

近くで見ると乳首が透けており、ノーブラだと一目瞭然です。

彼氏として少し恥ずかしくなりましたが、乳首が透けている彼女にかなり興奮しました。

俺は、彼女が恥ずかしくなってブラを着けるのではないかと心配になり、

「ぜんぜん平気だよ、これだったらみんな気付かないよ」

と、安心させるような言葉をかけてしまいました。

最初は隠すように腕を組んで警戒していた彼女も、時間の経過とお酒の影響で緩んできます。

普通に胸を揺らしながらお料理を取ったり、お酒を注いだりしています。

その度に、胸元からは大きな谷間が乳首ギリギリのところまで見え隠れしています。

そんなシーンを友人がデジカメで撮影して俺に見せてきます。

「後で削除しろよ~」

などと言いますが、画像で見る彼女にまた興奮しました。

自分もデジカメを取り出し撮影を開始します。

複雑ですが大興奮です。

周りのお父さん達もかなり気になるようで、チラチラ見ています。

途中、彼女と連れ添ってトイレに行く際、薄い生地1枚のみのやわらかい胸の感触が自分の肘に当たり、息子は完全勃起状態。

短パンのため、歩き方がぎこちなくなります。

ついに彼女に

「ごめん、実はかなり胸透け透け、俺かなり興奮状態なんですけど」

「ほんと?」

「うん、あいつらもかなり興奮してた」

「え~、もしかして勃ってる?」

「そうとう前から全開っす」

彼女が俺の息子を一瞬ニギっと確認。

お酒がまわり、少しエッチモードに入っているようです。

「ホントだ」

と嬉しそうに、俺の腕にわざと胸を揺らせて押し付けてきます。

「ブラどうする?命令だと帰宅までだけど」

「え~、どうしたい?別に私、このままでもいいけど」

と嬉しいお言葉。

「じゃあいっか、片付けて帰るだけだし」

(かなり嬉しい)

少し意識したのか、歩く時は胸を隠すように腕を組んでいました。

しかし友人達の前では今まで以上に開放的で、洗い物をしている時などは友人Sの対面で胸元から白い乳が左右に大きく揺れています。

「ちょっと~覗かないでよ~」

「いやいや、なかなか乳首まで見えないもんすね」

(実際は見えていたらしい)

「ほんと~?」

俺は早く彼女とHをしたく帰路を急ぎました。

ようやく友人等と別れ、彼女と二人になったとたん、車の中でノーブラの胸を揉みまくりました。

運転しながら左の手で胸を揉み続けます。

彼女もすぐに感じできて、右手が俺の息子へと伸びます。

「生乳見たい」

彼女がタンクトップをめくると、大きさから少し垂れた両乳が露わになります。

彼女も俺の短パンのチャックを開け、息子を取り出し生で触ってきます。

『こりゃ家までもたんな…』と思った瞬間、おもいっきり果ててしまいました…

家に帰り、デジカメ画像を二人で見ながらもう1ラウンド。

この出来事から彼女とノーブラデートすることが多くなりました。

【愛テク】

 - 変態プレイ体験談 ,