秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

産婦人科

妻は当時20代半ばで、子どもが欲しいと思っていた私達は、妻のひどい生理不順に悩んでいました。

そこで市内でも有名な、産婦人科への通院を私が勧めました。

妻は産婦人科への通院は初めてということで、かなり恥ずかしがっていましたので、最初の診察は私も付き添いました。

診察が始まり、しばらくして待合室へと戻ってきた妻の顔は、本当に真っ赤になっていました。

何か様子が変な感じがしたのでその夜、私は妻に診察の様子を聞いてみました。

診察をした医者は50歳くらいに見えたそうです。

白髪混じりの薄毛にメガネで小太りの、妻がとてもいやがるタイプでした。

しかし、しかたがないので言われるままに診察台に乗りました。

両足を大きく広げられ、それだけで猛烈に恥ずかしかったそうです。

生理不順の診察に内診があるのだろうか?と妻は疑問に思ったみたいですが、素直に診察を受けたそうです。

「すこしかぶれがあるみたいなので、薬をつけておきますね」

医者は淡々と言い薬をつけ始めました。

クリトリスの周辺にぬるぬるとした薬?をゆっくりと塗りこみ始めました。

皮をむいて丁寧に、やさしくクリトリスをさすられて、妻は気持ちいいのと恥ずかしいのでもじもじとしました。

医者はクリトリスをなでながら、問診を始めました。

セックスの回数やオナニーのこと等を質問されたそうです。

疑問に感じながらも素直に答えましたが、あまりにクリトリスをさすられて、すこしずつ快感に流されつつあった妻は、気を抜くとしゃべりにあえぎ声がまざってしまいそうで、気を張っていたそうです。

その医者の指はしばらくクリトリスをさすりつづけました。

妻はすっかり感じてきてしまい、しかしこんな所で、あんなオヤジの前でイってしまってはいけない、と同室の看護婦に助けを求めようと、目配せをしていましたが、看護婦は書類を整理したりした後、診察室を出て行ってしまったそうです。

そこで意を決した妻は「先生、もういいです」と言いました。

医者は「はいはい、すぐ済みますから、もう少し我慢して下さいね」と淡々とした口調で言い、今度は細長い試験管?のような棒を挿入してきたそうです。

その棒は妻の膣壁の上側、Gスポットのあたりをくりくりと刺激をしてきました。

もうこれはいたずらだと確信しましたが、 腹が立つやら気持ちがいいやらで、妻はすっかり混乱してしまいました。

クリトリスを念入りにいじられ、すっかり敏感になったあそこからは、どんどん愛液があふれておしりの方にまでたれてくるのがわかったそうです。

そのたびに、何か吸い取る管?のようなもので、「じゅじゅじゅ」と吸われたそうです。

気が付くと試験管はピストン運動されていました。

もうその頃には、妻の理性はすっかり快感に負けてしまい「もうこのままイってもいいかも」と思ってしまいました。

妻のそんな様子を察知した医者は試験管を出し入れしながら、もう一方の手で、クリトリスを触りだしました。

ものすごい快感で、妻はもう「イキたい!イカせてほしい!」と心底思い、医者の愛撫に体を預けてしまいました。

すぐ外の廊下にいる私に声を聞かれたくないと思い、声を出さないように我慢していましたが、いよいよ絶頂が近づき、それを知った医者も愛撫が激しくなりました。

「もうイク!もうイク!」とつま先にピン!と力が入ったところで、さっきの看護婦が「先生、午後からの診察ですが」と急に入ってきました。

その看護婦と目が合い、一気に恥ずかしくなった妻は強い口調で「先生、もういいです!」と言いました。

服を直して、診察室を出るときに医者は妻に「奥さん、もう少しでしたね」と小声で言ったそうです。

それを聞いた妻は、顔を真っ赤にして待合室の私の所へ、戻ってきたという事でした。

その話を聞いた私は、最初は猛烈に腹がたち、その医者に怒鳴り込もうとしましたが、妻に「私も感じてしまったから…ごめんなさい」と止められ断念しました。

しかし見知らぬオヤジに嫌々ながら、イク寸前まで感じさせられる妻を想像するとなんだか興奮してしまい、セックスのときにその話をしながらするようになってしまいました。

その後しばらくして子どもができ、あの病院へは行っていません。

しかし、もし機会があれば、行かせてみようかなあと思っています。

妻はもう絶対嫌だと言っていますが…

 - 禁断の体験談, 変態プレイ体験談 , ,