秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

山本直樹のマンガに出てくるような彼女

山本直樹のマンガに出てくるような彼女

大型ショルダーをたすき掛けで持ってくる女営業ってエロくね?

ジーンズにTシャツ、その上に紺のカーディガン、あとは歩き回るのでスニーカーっていたってカジュアルな格好。

グッズがたっぷり入ったショルダーを斜め掛けにしてるので、ブラがくっきり浮き出、徹夜明けの俺のエロセンサーを刺激したのでござい。

ショートカットで薄い身体、BからCの間だろう的バスト。

誰に似てるかなあ、大昔の広末か。

少年みたいな子。

山本直樹の漫画に出そうな感じか。

わかんねえかw艶っぽさとは逆ベクトル

別に皆みたいにドラマチックなことはなく、どっかで見たことあったから聞けば、駅前のオリ●ン弁当で夜やってると。

どおりで…。

で、昼に夜に大変だねえと聞けば、仕送りゼロの奨学生、今4年生で生活費全部自己捻出だという。

この仕事は時間の拘束がないというし、家もここから200mくらいだと言うので苦労をねぎらいつつ、寄ってきなよと促せば、あっけないほどあっさり了承。

取りあえず歩いて汚いので夜遊びに来るというのでむこうがどのつもりなのかワクワクしながら待つことにした。

夕方。

俺は料理するので、食わせて頂くお礼に(既に決めてる)何か食わせてやろうと作り始めたところへ、ピンポンの呼び鈴。

紙袋を下げたさっきの少年レディが紙袋を提げ、キャミソールとスカートで現れた。

さっきとは別人だ。

気さくに笑いながら部屋にあがりこむ。

あまり人見知りしない様子。

うちにあったお酒持って来たと渡され、料理と一緒に楽しむ。

色々聞いた。

営業で売ってるのは別に倒産品でもなく、ドライバーセットとか電卓とかナイフとかどうしょうもないものだということ、実家は東北で不動産をやっててそれなりに裕福だが、父親が東京進学に反対したので仕送りがないこと。

ただし母親がこっそり送ってくれることとか…。

そんな他愛無い話しは適当に相槌を打ちつつ、意外に酒に強い彼女を観察。

黒めがちな、瞳。

薄い唇。

小さいけど先の尖った鼻。

後ろにひっつめた、今時には珍しい黒髪と白いうなじ。

とにかく白い、そして細い。

骨が細そうな感じといえばわかるかな。

首とか細くて折れそう。

ガバッと空いてる鎖骨とかも華奢。

手首も細い。

その割に腰骨がガシっとしてるので股上の浅いジーンズとか似合いそう。

胸はこう見ると意外に無くもないなあと(線が細いからあるように見えるのか)、ほろ酔いで彼女のスレンダーボディを妄想で裸に剥いていたw

そういう仕事女の子がしてると色々危なくないのかい?

お互い少しお酒もまわり、砕けて来た雰囲気で聞いてみた。

ニヤっと意味深な笑いを口の端に見せ、フフンと鼻で笑い芋焼酎をコクリと一口飲む彼女。

お、何だよそれ、と俺は彼女に続きを促す。

笑ったまま何も言わない彼女。

俺は脇腹を軽くつまむと猫みたいにスルリと逃げる。

フワっとミルクみたいな匂いがした。

なんかイイんじゃねえの?なんて思いながらも彼女がグラスを持つ右手小指にはめられたリングを見ながらエロ営業話の続きを待った…

この辺りは、独り暮らしの人多いから結構な頻度であるのだと彼女は言った。

酔いに任せ俺は、じゃあその度にエッチなことしてんじゃないのぉ?なんてからかいつつカマをかけるとこの半年で一度だけだとあっさり言ってのけた。

あまりにあっさりだったので更にディティールを要求した。

昨夏の夕方、訪問先の大学生の暮らすワンルームのキッチンでうながされるままに…なんてエロマンガみてえなエピソードが。

この目の前の華奢な子から出てるのが興奮を通り越して何だか疑念に変わって来た。

マジかよ。

ありえねえって。

初対面でキッチンで…って。

もしかしてバカな子、君?
俺はこの時、既に結構フランクになってたw

バカではないよとムキになる彼女。

バカではないけどセックスは好きだとあっさり言う。

俺は自分がセックスと言えないからか、あっさりこの単語を言える女が何だか鼻につくのだがまあどうでもよし。

彼氏は?
二年生のときからずっといない、と。

自分がわがままなので長続きしないのだと言う。

まあ、若いうちはいいんじゃねえのと言うとむこうが今度は同じ質問。

俺は素直に、彼女はここに捨てる程いるゼとPCを指差す。

察しの彼女は彼女はキャキャキャと声を立て笑った。

じゃあ、随分ご無沙汰だ?と下から覗き込むように冷やかす彼女。

自分より7、8つ離れた小娘に小馬鹿にされるのも乙よのぉ、なんて思いながら、取りあえずウルセエと丁寧な返事を返した。

下からすくいあげるように覗く彼女。

酔いで半分目が座っている。

襟元から黒いブラが覗いてますぜ、お嬢さん。

こう反撃すると初めて女らしいリアクションで恥ら…わず、
減るもんじゃないからいいよと打ちのめされる。

ノーブラのがよかった?なんて逆に聞き直されると、もう俺は頭の奥が興奮で痺れそうなのだけど、そうだなあ、でも貧乳じゃあなあ、なんて精一杯の
痩せ我慢を。

上ずった声で相手にバレやしないか内心ドキドキで切り返した。

彼女はいきなり、あーっ!なんて怒ったかと思ったら
もしかして私のこと胸なき子(これ結構ウケた)だと思ってるんでしょ
なんて言って一気に距離を縮めて来た…

彼女の顔、距離30cm。

何かに似てるかと思ったらアレだ、チワワ。

痴話なだけに。

死ね俺。

まつげの長いチワワと形容したらいいかな。

スレンダーで(159-160-くらい)色白のチワワだな。

きもいかw

ほら、なんて言ったかと思うといきなり彼女は胸を後ろに反らせ、
「あるでしょ」
と言わんばかりにあごを突き出した。

可愛い。

んー、実物を見ないことにはなあ、なんて目をへの字にエロ代官こと俺がボケると見たいの?なんて真顔で返してきやがった。

う…

まあまあまあ、取りあえず一杯飲みましょうやお嬢さんと気持ちと言葉が逆ベクトルな俺は内心108回死ねばいいよと思いつつ彼女のグラスに宝山と氷を足してやったのであります…

グラスに酒を足すと彼女は更に饒舌になり、自分から積極的に下ネタを出して来た。

結構酩酊のご様子。

しきりに「あたしってぇ」を連発。

少々ウザし…。

ここまで随分長いので彼女の話しを要約すると…
・シャワーでオナニーする
・寝る前にパンツの上からこするのが好き。

直はダメ
・二ヶ月ご無沙汰
・太いのより長いのが好き

もう露骨過ぎて黙って聞く側になっていた…

もうねえ、するつもりで来てるんだなあというのがありありと透けて見え、少々げんなりしていた俺。

あとはどうやって持って行こうかと思案していた。

と、そんなタイミングで彼女がトイレに立った。

俺は床に座っていたのからベッドへと席を移行。

戻って来る彼女。

テーブルのグラスを取り、なんのためらいもなく俺の横に座る。

アイスが食いてえとのたまう。

ちょっと話題的にネタ切れしてたので、一緒に近所のセブンに
行くことにした。

お互い軽くふらつきながら。

セブンでアイスと、チョコとチーズとゴミ袋を買う。

ビールと缶チューハイを数本。

あとはプリンだったかな。

ここで当然俺が払うものだと財布を出しかけたら
彼女がお呼ばれして更にお金を出させるのは忍びないと健気な台詞。

ここで俺の評価額25%UP(笑)。

ま、でも俺は稼ぎがあるのでさすがに学生さんには出させられないので気持ちだけ頂く。

どうでもいいいよ、ウゼーよという感じの店員。

はい存じておりますw

帰り道、ニヤニヤしながら着いて来る彼女、いきなり俺の左腕に体重を預けてくるので肩が抜けるだろと小突いてやった。

到着。

玄関を開け先に彼女を入れ、後ろ手にドアを閉めロックした俺はいきなり彼女の左首すじ軽く噛み付いた…

俺の突然の襲来。

無声音で息をハッと吸い込む彼女。

ピクっと震えた。

細くてミルクみたいな匂い、小麦粉みたいな肌触り。

頬に触れる彼女の頭髪。

髪までもが細い。

アイスが溶けるよと言う彼女に俺は、耳元でアイスとどっちにすると聞けば、先にアイスとあっさり言いやがる。

アホ…。

冷めたのでとりあえず一度部屋へ。

もぉ、と先ほどの行為に怒る様子に、お前はどっちの性格がホントなのかね、と問いながらコンビニ袋をガサガサやる。

カップアイスを俺にアーンしてくれる。

何だか久しく忘れてた
行為でございましたわw
で、俺こと変態リーマンはおもむろに彼女の左人差し指を取り、アイスの指に突っ込み、その指を付け根から指先へなぞってやりましたとさ…

この人変態です、助けてぇ、と笑う彼女。

おふざけの表情から持っていたアイスのスプーンを落とし、目を閉じ俺の行為を堪能してる感じ。

ゆっくり、何度も何度も舐め上げる俺。

我ながら変態かなあとは考えず、とりあえずきっかけ作りに専念。

この子、唇薄いんだが、エロくなってくるとなんかほんのり光って来て膨らんで見え(多分気のせい)なんかスゴくいい。

指を舐め上げながら、空いてる手で彼女の背中と後頭部を撫でまわす。

背骨の節がわかる皮膚の薄さ。

俺は謙虚に背中から手を入れてみた…

背中から差し込まれた手を身をよじりながらかわそうとする彼女。

イヤイヤのそぶりをしつつも、指をくわえられた彼女はうつろな目。

差し込んだ手で背中、腰、脇腹、下腹と撫でまわす。

そのきめの細かさに加え、柔らかさにびっくり。

柔らかいというか皮膚が薄い。

痩せた子でたまにいるタイプの質感ね。

かなりE。

俺は彼女の指から口を離し、スイカにむしゃぶりつく感じ同様に彼女の首筋に薄く歯を立てた。

俺はそのまま彼女の後ろにポジションを替え、着衣の中に両手を滑り込ませつつ更に首筋を念入りに攻めた。

匂いが一段と増す。

コロンの類いを一切着けない彼女は非常にミルク臭が濃く漂い、嗅ぐ程に俺の頭の芯がピリピリと麻痺してくる…。

差し込んだ手、交差させた手でおもむろに乳房をブラの上から鷲掴む。

そのまま強く抱き寄せ後頭部の匂いを胸一杯に吸い込んだ。

タマラン★
時折りピクンと反応を示す彼女、あまり声は出さないタイプなのか。

じっくり快楽を堪能する子のようだとこの時思う。

俺は彼女の着衣をたくしあげたまま、彼女の両手を頭の上でガッチリ掴んだ。

空中に手を縛り付けたような感じね。

身動きが取れないままたくし上げた着衣の下から黒いブラが覗く様は
スゲーエロス。

更にエロいビジュアルにしようと俺はそのままの体勢で彼女のブラのホックを外さぬまま、ズルっと上にずらしてやった。

つまりブラの下に乳首が覗く感じね。

こういうソフト拘束プレイは初めてなのか、彼女は恥じらいの表情を見せつつも息が荒くなり目が潤んで来ていた。

唇も艶っぽい。

俺は手のひらを彼女のあらわになった乳房の下部にそっと沿え、ユサユサと揺すってみた。

ぅぅうわ、何この柔らかさおかしいだろ、ってくらい柔らかい。

そして意外や意外。

押さえつけられてたブラから乳房を解放してやると意外にあるじゃありませんか。

海外の痩せた女優でいるタイプ、鎖骨とか胸の骨が浮いてるのに、途中から急に膨らみがせり上がるタイプのオシャレ乳房(俺命名)ね。

せいぜいあってもCかと思ったそれはDはあった。

乳首がやや長く上をツンと向いている。

色は薄過ぎず、濃過ぎず。

これはいっぱい知ってるカラダだとぼんやり思った…

立ってごらん、って俺はおもむろに彼女を立たせ、いきなり左胸にしゃぶりついた。

キャって、小さく叫ぶ彼女。

どこを刺激してもすごい好感度の反応を示す奴さん。

結構乱暴にされるのが好きみたい、俺もそういうの嫌いじゃないからいつもより2割増し、ワイルドに…。

壁にもたれさせ、立たせながら、胸をむさぼりつつスカートを手早くたくし上げた。

いつもするようなパンツの上からまずソフトに愛撫、そしてインなんてことは省き、いきなり指をへその下からパンツの中へ滑り込ませた

この時彼女の足はガクガク。

立ってられないよぉと言うのをダメダメって意地悪くいい、片手で腰をしっかりサポート。

これだから立たせたままいじるのは好き。

俺のSッ気爆発。

揃いの黒いレースのパンツから指を差しきむと、びっくり。

ヘアがほとんどない。

剃ってるの?んーん、薄いの、って。

(ほぼ)パイパンは生まれて初めてでちょっと感動。

ピンクの亀裂の上部、慰め程度に生えたヘアが何だかものすごくエロス。

青白い肌に薄い漆黒のヘアは興奮★

パンツを一気に膝までダウン。

右手は腰を支え、膝立ちの俺。

左手中指をてめえのツバで濡らし、彼女の裂け目に指を押し当てた。

指は濡らす必要もないほどに滑らかに吸い込まれていく。

温かく潤い、そして柔らかい…

ねえ、座らせて?おねがい、って言うのを意地悪く拒否しつつ、彼女の内股を押し広げる。

その太ももの柔らかさ、細いのに肉感的な矛盾した感じ、不思議な身体。

どこを触っても真綿のような肌触りと柔らかさに、やられそうになるのをこらえつつ応戦。

シンプルな彼女の秘部。

色も形もほとんど使ってないように奇麗。

ヘアが無いので丸見え。

まるで子供のそれみたいだなあと…。

舌を尖らせ、顔を突っ込む。

思い切りかき回すと彼女は全体重をかけ両手を俺の頭に乗せてきた。

だめだめだめ、隣りの人に聞こえちゃうよ!ってこの時ようやく彼女が
実はあまり反応しない子なのではなく、我慢していたことを汁。

キャウ、とかハンとか頭をグラグラさせながら身もだえる。

そろそろかと、テメエのズボンとパンツを同時におろしにかかる…

前戯はそこそこに、そのまま壁によりかかった彼女に挿入しようと俺は脱いだ。

立ち上がり、彼女の入り口にあてがうと、だーめ。

あぁ、ゴムか。

「んーん、私もするの」
って、いきなりしゃがみ、奥までくわえこみやがる彼女。

華奢な身体に似合わぬ豪快な吸引とうねる舌。

かなり上手し。

今度は俺が立たされ犯される感覚。

いやだなやっぱと思いつつも頑張る彼女の着衣、ブラを全部剥がしにかかる。

これで丸裸だ。

青白い彼女のハダカ。

電灯はついたままなので全てがよく見える。

この子は背中から腰、尻にかけてのラインがスゲーエロいなあなどと思っていたら更にギン勃ちにw

よく調教された子らしくフェラの音の立て方もイイ。

チュパチュパ、もう音で飯が食えそうなほど。

そろそろいいかなあと俺は彼女の両肩を掴みそのまま後ろに倒した。

目を閉じ、厳かな面持ちで挿入を待つ彼女。

なんだかしおらさに俺も照れ、彼女の頬をつまんだ。

パッと目を開き急にさっきの子供っぽい悪戯フェイスを見せたところを抜き打ちに挿入。

子供からオンナに0.5秒の変化に興奮★

ゆっくりゆっくりと、深くまで突き刺す。

噛み締めるような彼女の表情。

下唇を噛み、必死に声が出るのをこらえている。

俺は耳を甘く噛みながら声出せばいいじゃんwなんてからかうと、「恥ずかしいからイヤ」なんて羞恥心を垣間見せる。

それなら鳴かせてやろうと徐々に動きを速めるあたくし。

こらえきれずうっすらと声が漏れ出す彼女。

挿入しながら上向きに主張する彼女の乳首を舌で転がしながら、片手でもう片パイを乱暴に揉みまわすの3点セット。

声はますます大きくなる…

その気持ちよさからか、ものすごい力で俺の首に回した手で思い切り締めてくる。

また彼女の匂いが一段と濃くなる。

俺は挿れたまま、あぐらの形に変化し、今度は座位で彼女を下から突き上げた。

下の部屋に音聞こえっかなあなんて気にしながらも、溶けそうな快楽のが勝っていたのでまあよし★

で、座位からバックへ、バック彼女の意外な尻の肉に感動し両手でその柔らかと滑らかさを堪能しつつ、そのまま立たせ、立ちバックで意地悪し、そしてベッドで正常位でフィニッシュ。

その後シャワーを浴び買ったプリンを彼女の白い腹を皿代わりに食ったりと都合朝まで3回した。

彼女のタフさに驚きつつ…。

月に数回は会って飯食いながらやったり、ゲームしながらやったりと。

何だかそこら辺の男女の付き合いみたいなもんす。

別段これと言ったことは無く…。

 - ナンパの体験談 , ,