TOP >  禁断の体験談 > 姉の彼氏に犯された

姉の彼氏に犯された

俺は実は姉の彼氏に犯されたことがある。

高校卒業して大学入学までの期間、彼氏のバイト先の部屋に世話になることになった。

背は180以上だが、体つきは一見そんなに強そうに見えなくて、俺の方が絶対強いと思い込んでいた。

ある日酔って帰ってきた奴は、急に俺を襲ってきて俺は力ずくで裸にされちまったのである。

遥かに力が違ったのだ。

赤子の手をひねるとはあの時のことで、あっという間に俺は全裸にされ奴の胡坐の上に乗せられたのだった。

両手を前で縛られているため、何も反撃をすることができず、声もなぜか出すことができなくなっていた。

(たぶん大声をあげて誰かきて、この場を見られたら恥ずかしいのは自分だと思ったのかもしれない)

奴は俺のシンボルを目一杯弄びながら、しごきはじめた。

仰天の展開だったのにもかかわらず、徐々に俺は感じてしまっていたのだが、奴は男の機能を当然知り尽くしているので巧みなじらしで射精を遅らせ楽しんでいた。

射精は絶対我慢しようとしていたのだが、ついに力尽きてしまった。

そしてその後、奴は俺の体液を一滴残さず手に取り肛門になすりつけ後ろから俺を犯したのだ。

その後、俺はすぐに家に逃げるように帰った。

姉もその後、すぐ別れたのでこのことは闇に葬った。

ただ今でも思い出すあの快感。

その前も後も男になんか興味ないのに・・・

(C)秘密のエッチな体験談