秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

姉に反応してしまった…

僕が高1の夏のこと。

姉の部屋にCDを借りに行った。

ドアを開けると、Tシャツ1枚で下半身には何も付けずに陰毛の手入れをしていた。

ハサミを持ち、チョキチョキしている。

カミソリは使った後だったみたいで、横に置いてた。

オマンコは見えなかったけど、味付け海苔みたくカットされた陰毛は短くて、一本の縦筋がはっきり確認できた。

「何してんの?」

と聞くと、

「水着の横からハミ出ちゃ、恥ずかしいでしょ」

当時、21歳で女子大3年の姉の白い肌に、僕のチンチンは反応した。

「いつまで見てるの?エッチ」

「そんな事は風呂でしろよ」

「いいでしょ、何処でお手入れしようと。オチンチン立ってるよ、馬鹿。」

恥ずかしさで、速攻部屋に戻った。

今まで姉のパンチラなんかには何も関心が無かったのに、一本の縦筋が僕を狂わせた。

その日は、立て続けに3回抜いた。

姉の白いお尻と縦筋が今もオカズ。

 - 禁断の体験談 , ,