秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

姉ちゃんとのセックス

姉ちゃんとのセックス

ぼくは中2です。姉貴は高1で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。
部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。

ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはがまんできなくなり、チンコを出してさわっていました。
姉貴はぼくに気付いて「ケンなん?」とのぞきました。
ぼくは立ってるのを必死でおさえていると、姉貴は笑って「ひさしぶりにいっしょにはいろ!」と誘いました。
「彼こないん?」というと「試合やしこられへんねん」といいました。
姉貴はめちゃ大きなオッパイで、あそこも見えてるし、見ただけで出そうな感じでした。

ぼくがじーと見てたら、姉貴は「姉弟やしかくさんとき! うちかくしてへんやん」というので、ぼくは恥ずかしいけど見せました。
「お~、けっこうでかいやん! 彼のよりでかいんちゃう!?」と姉貴はぼくのチンコをはじいて、「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」というので「姉ちゃんかって胸でかいやん」というと「そやろ。彼氏にもまれてるしなー。Eカップやで」と笑って自分で胸を持ち上げてゆさぶりました。

ぼくはたまらんくなって、壁にびゅっびゅっと飛ばしてしまいました。
姉貴は「うわっ」とびっくりして「すっご~!! さわらんでも出るんや」と驚いてました。

ぼくのチンコは、まだ上を向いたままで、姉貴は「ケン元気やなあ」とチンコをなでてきたので、ぼくも姉貴に抱きついて、胸をもんでやりました。あそこもさわったらヌルヌルしてました。
夢中でさわったら、「もう、やめて~」とあばれたけど、胸に顔があたったので、乳首を吸ったら「あぁ~」といってぼくにもたれてきました。
ぼくはいきおいで、姉貴の口を吸いました。姉貴はびっくりして見るけど、こんどは姉貴からべろちゅうしてきました。
してるあいだ、姉貴のオッパイをもんだら、姉貴は「もう、ケンのあほー。まぢしたくなったやん」とぼくのチンコをにぎってもんで、「部屋にいこ!」と手をひっぱるので「うん!」といってぱぱっとふいて、まっぱだかで姉貴の部屋にいきました。

そしてベッドに倒れてぎゅうぎゅう、上になったり下になったりして抱きあいました。
もうガマンできずにゴムをつけてあそこを入れあって、はげしくHしました。
姉貴はめちゃ感じてるしぼくも何回してもたりなくて、抜かないでなんべんも姉貴の中に出しました。

あれから両親が帰ってくるまでの間、姉貴とほとんど毎日やります。
ぼくがしよーということもあるし姉貴から誘うこともあります。
彼氏としたときは、彼氏が帰ったあと、「見せつけてごめんなー」と笑って、すっぱだかのまま、ぼくの手を取って、そのまましてくれたりします。

この間は、両親がいるのに、姉貴と2人でコタツに入っていたら、姉がぼくの右手をスカートのなかに導きました。なんと姉はノーパンでした。触ると、すでに濡れていて、小声で「あ、あー」と感じています。そして、ぼくのものを触ると、勃起したのを確認すると、眼で合図しました。

姉貴の部屋に行くと、姉はぼくに抱きついてきて、ディープキスをして、「もう我慢できない。したいんや。立ちバックで入れて。」と言って、スカートをまくり、後ろから入れるように言いました。
ぼくが「生でいいの?」と言うと、「生理前だから大丈夫や。」と言って、後ろからノーブラのEカップの胸を揉むように言いました。後ろからずぶりと自分のものを入れ、激しく動かすと、姉貴は左手で扉、右手は自分の口をふさぎながら、感じているようでした。
そのまま、しばらく動かして思い切り中に射精しました。

 - 禁断の体験談 , ,