秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

女友達とセフレになった

女友達とセフレになった

大学生の時、何気ない女友達とラブホに行った時のエロい話です。

お互いに恋愛対象というよりも一番身近にてっとり早くエッチできる関係として興味を持っていたというのが大きいと思います。

まだ好きとか告白とかすらしたことがありませんでした。

相手の女の子の美月は茶髪ショートヘアの学科で特に目立った子ではありませんでした。

僕もだいたい同じような感じのフツメンです。

たまたまエロい会話をして相手の反応に興奮してしまったので、なんとなくお互いに夢中でエロの対象だと思ったのかもしれません。

まあとにかく、僕は美月とラブホに行きました。

お互いにエッチ自体の経験はありましたが、どちらも満足いく感じではなく、エッチに対する後ろめたさみたいなのがまだあった時期でした。

暗くなった頃にラブホに入りました。

部屋の選び方や料金をいつ払うかとか全然わからず後から入ってきた大人のカップルの様子を、見よう見まねで真似して、僕と美月はラブホの部屋に入りました。

美月は「わあ広い!綺麗だね!」

とバリ風のインテリアの部屋のあちこちを探検して回り、ベッドのボタンを押して電気の色が変わるのとかを面白がっていました。

僕はとりあえずジャグジーの風呂の自動お湯張りボタンをセットしました。

僕はどういうタイミングで美月に襲いかかったらいいのか自信がなかったので、美月に

「先にお風呂入ってくれば?」と持ちかけました。

美月は「先に入っていいよ。」

と言ったので、僕は所在なさげに服を脱いで、お風呂に浸かってジャグジーがゴボゴボ泡を立てるのを楽しんでいました。

思えば同じく緊張してた美月は、外で自分の気持ちを落ち着かせていたのだと思います。

しばらくするとガラガラとドアを開けて、なんと美月が自分からお風呂に入ってきました。

前に細長いタオルを垂らしてかけていますが、そのタオルから腰回りの膨らみや太ももがはみ出して見えて、僕はめっちゃ興奮しました。

美月はわざと明るい口調を装い、

「遅いから、きちゃった~。ねぇねぇそんなに丁寧に洗ってるの?大きくなっちゃったの?」

と聞いてきました。

もちろん図星なのですが、僕もふざけた振りをして

「隠してないで見せろよ~と美月のタオルを奪い取りました。」

あっさり美月の裸を目の当たりにしました。

美月のDカップの乳房と色が濃いめの乳輪大きめの意外にエロい乳首が最初に見えて、視線を下に移すと、黒々と茂った陰毛が見えました。

美月は股をしっかり閉じていたのでそれ以上は見えません。

「あんまりジロジロ見ないでよ~。」

と言って、美月はかけ湯もしないでジャグジーに入ってきました。

お互いの裸の裸ジャグジーの中でふれあいます。

しばらく遠慮がちにジャグジーの中で、お互いの体をさすりあいました。

僕はのぼせそうになったので、ジャグジーの縁に腰掛けました。

覚悟を決めて勃起したちんこを見せつけるように美月の顔のすぐ脇に座ると、美月はジャグジーに浸かったまま、顔と同じ高さにある僕のペニスを掴みおっかなびっくりフェラをスタートしました。

手で根元をシコシコしつつ、亀頭部分をチュパチュパやって、普通に気持ちいいフェラで 僕は美由紀に

「フェラしたことあるの?」

と多分ないに決まってるのに聞きました。

美月はフェラをしながら

「ないけど…動画でちょっと見て…どうかな?」

と恥ずかしそうにしながらフェラを続けました。

もしかしたら美月はこの日のためにどこかで動画を見てフェラを覚えてきてくれたのかと思うとフェラは何倍も気持ちよく感じて嬉しくなりました。

フェラをされてるうちに興奮してきて、僕はお湯の中に手を突っ込み、さっきは遠慮して避けていた美月の乳首を、迷わずつまんでぷにぷにと触りました。

美月の脇の下に手を回して持ち上げると「ザバーン!」と美月をジャグジーから引っ張り出し、自分の股の上に座らせました。

フェラしてもらって敏感になった硬いペニスの上に美月がまたがる形になり、そして狙ったわけではないのですが美月のクリトリスは僕のペニスの竿の部分に押し付けられました。

美月は「あああん!」といういやらしい声を出したので、僕は美由紀のクリトリスを刺激するつもりでペニスをごしごしとこすりつけました。

素股の状態でしばらくクリトリスとペニスを刺激し合いました。

美月は泣きそうな顔になりながら

「こんな場所でもう始めちゃうの?」

と言いながらアンアン感じ始めました。

美月が気持ちよくなって自分の体を支えられなくなってきたので、僕は美月の股の下に手を回して、親指でグリグリと美月のクリトリスを触りました。

「アアアンン!!!イッちゃうよおおお!」

と美月の喘ぎ声はお風呂の中でどんどん響き渡り、そして本当に美月はイキました。

「ハァハァ」と言いながら「イッちゃった…。」と恥ずかしそうにする美月を、僕は部屋に促しました。

抱き合ったまま慌てて水滴を取る程度にバスタオルで体を拭くと、そのまま濡れた体のままでベッドにお互い倒れ込みました。

まっさらなラブホのシーツはびしょびしょになりました。

倒れ込んだ拍子に美月は、ベッドの奥の方にこっちにお尻を向けてうずくまるように倒れこみました。

僕は美月の後ろ側からお尻の割れ目に顔を埋めるようにして後ろからクンニをしました。

舌を思いっきり伸ばすとクリトリスにあたり美月が「ひいいん!」という鳴き声を出します。

そして舌を丁寧に出し入れさせると、美月のビラビラの内側をなめることができました。

最初はお尻を突き出して四つん這いになった美月の後ろで、僕も四つん這いでクンニをしていたのですが、美月の腰が砕けてきてやりづらくなり、僕は仰向けになって美月のマンコの下に潜り込んでクンニを続けました。

上目遣いで見ると美月のおっぱいがだらんと下に垂れて、クンニのリズムに合わせて揺れていて、美月が「アンアンアンアン!」と喘いでいるのが見えてめっちゃエロいです。

下に目をやると自分のペニスがガチンガチンの勃起状態になっているのが見えました。

もう一刻も早く挿入したいです。

そしてクンニで美月をサクッとイカせると、僕はそのまま完全に美月の下側に仰向けで滑り込んだ状態になり、美月が濡れた身体で僕の上になっていました。

僕は美月に

「この体勢でしてみようか?」

といきなり騎乗位を提案しました。

美月は

「そんな…したことないよ。大丈夫かな?」

と言いましたが、僕は「大丈夫、大丈夫。」と言って枕元のコンドームを装着しながら美月の乳首を舐めました。

コンドームが装着し終わると僕は美月のクリトリスを指で触りながら、人差し指をチロチロと美月のマンコの中に入れて糸を引く愛液を掬い取り、自分のコンドームの外側に塗りたくりました。

そして美月の愛液を潤滑油にしてペニスの先端を美月に押し付け、

「そのまま下がってごらん?」

と美月に指示すると美月は

「ああああん!」

と声を上げながら僕のペニスを騎乗位で包み込んできました。

根元まで入ると美月は、

「ああ、奥に、奥に届いてる…。ああん、ああん。」

と声を出しました。

そして僕が促すまでもなく、美月は僕の指と自分の指を絡ませて手をつなぎながら、上下に激しく動きました。

美月の動きは不安定で不規則で激しく、逆に僕にとっても刺激は凄かったです。

しばらくお互いに興奮し合いながら

「あああん!ああん!ああああああんん!」

「いいい!いい!いいい!」

「気持ちいい!気持ちいいよおおお!」

「あああ、おかしくなりそうだあああ!」

とかめちゃくちゃに言い合いながら、僕は仰向けに寝たまま騎乗位で跨っている美月の中に射精しました。

その後僕と美月は、正式に付き合うことなく、ただ何度も会って動物の様にラブホでエッチしました。

要はセフレでしたが、お互いにとってエッチの気持ちよさを最初に味わうことができた相手だったのは間違いありません。

 - 友達との体験談 , ,