秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

同級生(前編)

俺は高校時代、生徒会に所属していた。

同じ生徒会で同い年のMとは2年の文化祭のころから付き合うようになった。

Mは見た目は大した事はなかったが、接する機会が多く恋愛の話しや真面目の話などもするようになって、なんとなく親密な関係になっていった。

生徒会の仕事で学校が遅くなったときなどに送っていったり、休みの日に一緒に買い物に行くようになったりして、気が付いたら手とかつないでた。

今から考えればありえないことだが、当時俺は根性がなくて、半年近くキスすることも無く3年になってしまった。

Mの方も化粧気も少なくそういうことに対してオクテな女の子にみえた。

今時ではありえないほどさわやかなカップルだったと自分でも思う。

まあしかしそこは高校生。

俺のほうは煩悩ガンガンの脳ミソを抱えて、いつセックスに持ち込もうかという願望と、Mに嫌われる、もしくは自分がいやらしい男だとみんなに知られるんじゃないか
という恐怖との葛藤にいつも悶々としていた。

お互いの家で二人になる機会もあったが、家族が帰ってきたらどうしようという恐怖で、結局なにも出来ずジマイだった。

そんな俺に転機が来たのがゴールデンウィーク前、模擬試験が学校であった日だ。

科目数が多くて、最終科目が終ったのは午後6時を過ぎていた。

学校で友達と別れ、Mと一緒に帰っていると、Mはランチボックスを学校に忘れたと言い出した。

まあ、まだあんまり学校から離れていなかったので、俺とMは学校に取りに行くことにした。

明かりの点いた職員室の窓をたたいて、残っている先生に声を掛けると正面玄関は開いているといわれて、俺たちは殆ど真っ暗になった下駄箱から、それぞれの上履きを取り出し、教室のある棟に入っていった。

夜の学校には、独特の匂いと雰囲気があって、何か気味悪いものだった。

それまでも、俺たちは、生徒会の仕事で遅くなったりもしたが、さすがに二人ということはなかった。

声の反響する廊下で気を紛らわせるように、今日のテストの出来を話し合っていた。

そうしながらなにか俺の中で、妙な気持ちが盛り上がってくるのを感じた。

心臓がどきどきドキドキして手に汗がにじんできた。

3階のMのクラスにたどり着き、教室の明かりを点ける。

Mは自分の席の横にぶら下がっているランチボックスを取って廊下に出た。

俺は頭がカアっと熱くなったのを覚えている。
頭の毛が逆立つような感じ。

俺はMを廊下の壁に押し付け抱きしめていた。

「キャッ」というかなんというかはっきりした文字にならないうめき声を上げた。

女の子を抱きしめるのは初めてだった。

見た目以上に細くて小さくて驚いた。当時のMはそんなにやせているようには見えなかった。

Mの反応はそのときの俺には意外だった。

間違いなく拒否される事を予想していた俺の背中にMは両手を回してきた。

腹の辺にブラジャーを通した胸の感触がある。

「熱い」と俺は思った。

自分と彼女の拍動を感じ始めていた。
心臓からでなく全身から脈拍を感じた。

彼女の背中に回していた手を放し、彼女の肩に掛け体を引き離し、キスをした。

初めてだった。
味など感じる余裕は無かった。
顔を離した。

「ゴメン」
搾り出すように言った。

彼女の顔を見て緊張が帰ってきた。

膝が震えているのが分かった俺は壁に寄りかかるようにしてごまかした。

Mは「ちょっとびっくりしたよー」と半泣き笑いで言った。

それを見て俺は勇気を取り戻した。

緊張がスーっと消えていく。

「いや、ゴメン悪かった。なんかね。急にダメになったんだ」
「ねえ、もう一回キスしてもいい?」
と聞いた。

「ええー、いいけどーー」
Mが答える。

俺は完全に大胆になっていた。
Mの唇に舌を割り込ませる。
Mが「ん」と鼻からうめく。

よく分からないまま、Mの口腔を舌でまさぐる。
Mの舌がうごめくのを感じた。

粘膜がこすれ合う初めての感覚。
鼻の奥がツーンとすると同時に、腰が抜けるような衝撃が来る。

右手をスカートの中にもぐりこませようとする

。しかしこれにはさすがのMも抵抗し、体を離して逃げようとする。

「ダメ。ダメだって。。」
Mがうめくように呟く。

俺は理性を取り戻し動きを止める。

「やっぱり無理??」
冗談めかして言ってみる。

「ちょっと、いくらなんでも調子に乗りすぎ!!」
Mはちょっと怒っていた。

「ほらー、あんまり遅いと、先生見回りにきたらどうすんの!!」
俺は納まりきれないモノをもやもやと残しながら階段を降りた。

職員室の先生に声を掛けると、「お前ら忘れ物取りにいっていつまでかかってるんだ遅すぎるぞ、まさか、おかしなことしてないだろうなあ??」冷やかされてしまった。

いったん正門を抜け、帰りかけたが、俺は納得できなかった。

 - 初体験の体験談