秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

取引先の女性バイヤーさん

私(♀)は化粧品メーカーに勤めていて、某百貨店のバイヤーTさん(♀)と金曜の夕方商談に行って、

「これ終わったら飲みにいきましょうよ」

と誘われました。

付き合いだからしょうがないと思い、一緒に飲みにいきました。

アルコールが久々で私は酔いつぶれてしまい、Tさんのマンションで介抱されることに・・・

薄暗いTさんの部屋のソファに寝かされて、

「水持ってくるからね・・・」

と言われ目をつぶって待っていると、いきなりキスされました。

私はびっくりして飛び起きそうになると、力で押さえつけられ、

「今度のフェアの商品からあなたのメーカー外すわよ。おとなしくしてなさい。」

と言われ抵抗できず、ブラウスとブラを脱がされて乳首を愛撫されました。

Tさんの好みはおとなしい女の子だそうで、私は内向的でおとなしく、

「会社の人に今してること言っちゃだめよ・・・」

と、Tさんの性欲のおもちゃになっていました。

「前からあなたの体が見たかったの・・・夏はブラウスから胸の大きさは分かっていたし、商談が終わって帰るときは毎回あなたの大きなお尻をズボンの上から見てた・・・ずっと服の中が見たくて毎晩あなたの裸を想像して一人で・・・」

「私そんなつもりでここにきたんじゃ・・・あっ、やめてください!」

ベットに連れられて押し倒されてしまいました。

「想像してたより乳輪大きくて黒いのね。いろんな男と寝てるからこんな乳首も大きく黒くなってるのね」

パンツを脱がしグチョグチョになった私の割れ目にTさんは顔をうずめ、クリを愛撫してきて私はイカされました。

女同士がこんなに気持ちいいなんて・・・

お尻の穴に舌を入れられ、

「ずっとあなたのココ舐めたかったの・・・かわいいHさんの肛門を・・・汚くないよ・・・Hちゃんのなら」

と、ずっとお尻の穴を舐められました。

その後Tさんは、

「私、あなた以外の化粧品メーカーの若い女の子ともこういう事してるのよ・・・」

と、私は何回もイカされました。。。

 - 禁断の体験談 ,