秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

内緒の初体験

はじめてのHは18才の時でした。

当時付き合っていた16才の由美。

キスやお互いの体を触りっこなどのいちゃいちゃはよくしていました。

俺の誕生日にホテルに行くことが決まって、「とうとうきたか」って感じでした。

彼女は体験済みだと知っていたので、俺も「したことあるよ」って強がっていた。

だからバレないように友人からいろいろ情報収集はしてました。

ラブホテルに入る時も「どの部屋にする?」なんて慣れた感じで振る舞い、部屋に入ると照明や音楽など調整しました。

そして由美と激しくキスをしました。

いつになく熱くねっとりととろけるようなキスでした。

プレゼントをもらい、カラオケを楽しんだ後、別々に風呂に入り、さあベッドイン!

備え付けのコンドームは穴を開けられているかもしれないと聞いていたので、自分で買ってきたコンドームを用意しました。

二人とも裸になり抱き合い激しく長いキスをして体を重ね合わせます。

シーツの冷たさと由美の温もりが心地よく感じました。

胸を揉み、吸い、お互いに全身を舐めあいました。
二人とも最高に感じてました。

俺は「初めて」ってバレるのが嫌だったから必死に頑張りました。

そして、ぎこちなくコンドームをはめて彼女に挿入しようと手で入れようとしました。

しかし、彼女のあそこが乾いてしまって、なかなか入りません。

焦って舐めたりキスしたりして入れるのですが、やっぱり入りません。

頭の中が真っ白になって「どうしよう」と困っていたとき、由美が「私が慣れてないからかなあ。ごめんね。」って泣き声で言いました。

俺も涙が出そうだったけど「大丈夫だよ」って言って、もう一度挿入してみました。

すると、にゅるって感じで入っていきました。

由美の中は温かくてすごく気持ち良かった。

二人とも感動で涙がボロボロ出てきました。

最高の忘れられない記念日になりました。

由美には本当にいい体験をさせてもらったと思ってます。

その後、3年付き合いましたが、結局別れてしまいました。

今どうしているのかさっぱりわかりません。

あれから10年経ちますが、今なら「あの時初めてだったんだよ」って正直に言えそうです。

 - 初体験の体験談