秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

付き合う切っ掛け

K校の頃の話。

部活の県大会の宿泊先での出来事。

普段、宿泊は旅館の大部屋か中部屋を数人で使ってたが、この日は珍しくビジネスのツインに二人づつ泊まることになってた。

当然、野郎の二人ペアで男女の宿泊階は別々だが、引率の先生は定年間近の爺さんなんで男女の部屋の行き来は自由だ。

着いたらみんなは集まってトランプやらに興じてたが、俺ともう一人は、顔をださずに部屋にある有料エロビに夢中になってた(笑)

俺は初体験を済ませてたけど、それからかなりご無沙汰だったし、相方は童貞だったから二人とも息が荒くなってた。

そのうち顔出ししなかったから、トランプの誘いが来てビデオは一時中止。

部屋では男女8人程集まってウノをしてた。

「こいつらエロビ見てたんだぜ~」

突拍子もなく迎えに来た同級生が喋り出す。

変態!だの、来て直ぐに何してるの!だの罵られ笑い話になった。

すると

「私もみた~い」

同級生のHが言ったこの一言。

その時は聞き流していたが…

ウノも終わり、風呂を済ませた俺はロビーで先輩に呼び止められた。

「エロビ見てたんだろ?あんまりヌイて明日の試合に響かせんなよ(笑) 」

図星だった。

足早に部屋に向かう俺。

もうヌク気満々!相方と代わりばんこにシコるぞ~

しかし…

俺の部屋には相方を含め、6人がエロビを見ていた。

そこにはHとその友達のNと先輩R子さんの三人の女子も含む。

「来ちゃった~ 」

声を合わせる三人。

みんな「うわ~」やら「エロい」やら言いながら騒いでいる。

みな平素を装っていたが、しかし俺ははっきり感じていた。

さっきのウノの時より空気がねっとり湿ってたのを。

暫くしてR子先輩が部屋から出た。

あまり積極的な人でなく、とても男子とエロビを見る人ではない。

なぜ?

(その答えは一年後にわかったのだが今回は伏せる)

「R子先輩なんで来てたんスかね?」

なんて言いながらも、俺は荒くなる息を必死に押さえつけた。

多分みんなも同じだったと思う。

部屋の窓は結露でべったり。

実は、部屋に来ている女子のN美を俺は好きだった。

話すとNの吐息が熱っぽくなっているのが分かる。

まくらを両腕で抱いて何かモゾモゾしている反応を見て、チ●ポはギンギンだ。

そして男の先輩二人が帰ると言う。

「おいH、N美、お前らどうすんの?」

H「もうちょい見てます。N美も見るでしょ」

おとなしいN美は、勝ち気で話好きのHといつも一緒。

当然N美も残った。

残ったのは俺、相方の男A、H、N美の4人になった。

H「ねぇ、みんなHしたことある?」

俺「あるよ、一応。Aはまだだろ。N美はあんの?」

さらりと言ったが内心ドキドキしていた。

N美は…

コクりと首を振る。

ショックだ↓

しかし今はそれどころではない。

俺「Hは結構やってんだろ?やっぱ最初痛かったんか?」

みたいなエロ話が暫く続く。

N美の経験談は、純粋な学生の俺にはキイタな。

次第に話は、ち●ぽの大きさになってく。

俺「Aは勃起すると、ち●ぽへそに付くんだぜ」

N美「え~見たい」

( ̄□ ̄;)!!

H「ねえ、A見せろよ。S(俺)もぉ~」

俺がAのズボンを不意を突いて下ろす。

ち●こはやっぱり反り返り、へそに付いてる。

「キャー」

悲鳴を上げながらも嬉しそうな二人。

「Hちょっと触ってみたら(笑)」

ふざけて言うと、Hが本当にAのちんこをツンツンしてから握りしめる。

N「え~止めなよ。も~、Sのせいだよ」

何も言わず、にぎにぎされていたAだが、

「もー我慢できない!」

と叫ぶと、一人ユニットバスに駆け込んで行った。

N美「Aくんシコってる?」

俺「ああ」

H「Sの番~」

!?

Hがズボン越しにち●こを触る。

H「Nも触ってみ」

(Nにこんなとこみられるなんて、もうどうにでもなれ!)

嬉しい様な情けない様な気持ちになりながら、俺は拒まなかった。

いつの間にかベットに横たわってる。

「Aのとは全然形ちがう」

じっと見つめるN。

Hはゆっくりち●こをしごく。

もうダメ…だ。

ガチャ!風呂からAが出てきた。

とたんに離れるN美。

A「いや~頭の高さより高いところにトンだ」

Hは布団を俺に掛けて中に潜りこんでくる。

お構いなしだ。

H「ねぇ舐めていい?」

N美「ちょっとHやめなよ、あなた付き合ってないでしょ!」

もう頭の中は真っ白。

Hの唇の感触がち●こに伝わる。

気持ちいい。

N美「もう二人とも最低。A、私たちはテレビ見よ!」

その言葉に我に帰り、Hを制した俺。

好きな人の前でされたフェラは一生忘れられない思い出。

で、結局抜かずに終了。

N美は先に出てった。

Hは、ち●こおっきかったとか何か言ってたが覚えてない。

そのうち帰った。

N美に嫌われたろうなと思い、落ち込んでその日は眠ったっけ。

あの日あの部屋の異常な空気はもう味わえないだろな~

ちなみに、Hには次の日告白されたけど、俺はNが好きだとふった。

で、Hの協力もあって3ヶ月後にNと付き合う事になったとさ。

【テクニック】

 - 学校・職場での体験談 , , ,