秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

ファミレスのミニスカ店員にアドレスを渡した結果、託卵になりました

ファミレスのミニスカ店員にアドレスを渡した結果、託卵になりました

あんまり行ったことがないファミレスだが、そこの店員さんは全員ミニスカ。
若い子からおばさんまで、みんなそうだった。
たまらないなぁと見ていたとき、注文を取りに来た店員さんがタイプでした。
ちょっとお尻がおっきめで、脚もムッチリしていてたまらない。
目の前を通るたびに見ていました。
あまり混んでないし、それからもちょくちょく店に行きました。
そしてある日、会計をしに行ったときにその子が対応してくれて、お釣りを貰う際に、「良かったら」とメールアドレスを渡すと、その子はビックリしてました。
その日は来ず、4日過ぎでもメールは来なかった。
しかし、忘れかけてたときにメールが来ました。
『レストラン◯◯でアドレス貰ったんですが』と。
急いでメールを返すと、『いきなりメルアド渡されてビックリした』と。
お互い自己紹介したら、彼女は4つ下の28歳でした。
『メルアド渡されたりって今までなかったからビックリしたよ』と、初めて声を掛けられたみたいでした。
毎日メールするうちに親しくなり、彼女が人妻だと知りました。
『ガッカリしたかな?』と来たので、『別に綺麗だったから渡したし、気にしない』とメールすると、夫婦間の愚痴やら、姑との愚痴やらを話してきた。
それと彼女は、今の仕事もちょっと恥ずかしいと言ってた。
ミニスカで、細くない脚を出すのが恥ずかしいと。
「似合ってるし、色っぽいよ」と返すと、「変態!Σ(~□~;)」と返して来たが、嫌がる様子もない。
1ヶ月ほどして彼女の休みを聞くと、シフト制らしく、平日だったり土日だったりとバラバラ。
でも彼女から『来週末に飲み会あるから、その後なら』と来たので、土曜に会うことに。
21時を目安に待ち合わせたが、結局22時くらいになった。
「ごめんね!」と乗り込む彼女は酔った感じでした。
季節は秋だったが、彼女はスカートとニットのセーターで意外に胸もある感じ。
車で移動してると「寒い~」と言われたのでエアコンを掛け、信号待ちで手を握ると、「暖か~い」と握り返してきました。
片手運転は危なかったですが、そのまま走っていると「眠い」と言われ、「そんなこと言ったら連れ込むよ?」と言うと、「いいよ♪」と言われ、もちろんホテルに直行。
ちょっとフラフラの彼女を支えてベッドに寝かせてあげたら、「1人じゃ嫌」と腕を掴まれた。
「寒い?」と聞くと「凄い寒い」と見つめられ、我慢出来なくなりキスをしてそのまま彼女と・・・。
「名前は?」
実はそれまでなんか遠慮があって、お互いに名前を聞いていなかった。
そのとき初めて「俺、浩二」と話すと、「あたしは真理子だよ」と。
「真理子、もうたまらない」
俺は真理子の体に貪り付きました。
少しポッチャリしてましたが色白で、黒いブラを外すと形が綺麗な胸が現れ、しゃぶりつきました。
「アンッ・・・イャン」
声を上げながら乳首が隆起して、吸い付くと喘ぎ始めた。
腰を触りお尻を触ると、おっきく柔らかい感触。
スカートの中に手を入れて太ももを撫で回し、パンティ越しになぞるともうグッショリ濡れていた。
ゆっくり脱がし脚を開かせて舌で舐めると、「アンッ・・・アンッ!」と声を上げながら体を捩らせる。
甘酢っぱいエキスが滴る。
彼女は起き上がるとトランクスを脱がせ、「パックンしたい」と俺を立たせ、跪いて俺のを咥えてきた。
少々荒かったが、十分気持ち良くしてくれ、その後彼女を寝かせた。
ゴムを着けて入れると、絞まりは凄く良かった。
「おちんちん、おっきい!」
真理子は声を聴きながら俺が動かしていくと、グイッと時々強く締め付けてきた。
「真理子・・・凄い締め付けるよ」
「だっておっきくて気持ちいいんだもん」
根元までキッチリ締めてくれて、たまに動きを止めないとすぐにイカされそうだった。
長い髪で顔が隠れたので、髪をよけて悶える顔を見つめてたら込み上げて来てしまった。
「イクよ」と激しく体を打ち付けると、「アンッ・・・凄い!」と声を上げる。
俺は目一杯奥に突き入れて射精を果たした。
彼女は「イャン!」と声を上げ、ギュッと何回も締めつけられた。
快感を味わって倒れ込み、抱き合った。
「凄い気持ち良かった」と言われ、「絞まりが凄いね」と話したが、「そうかな?」と本人は分かってない様子だった。
2回目はバックで。
おっきいお尻を掴みながら始めた途端、彼女の携帯が鳴った。
彼女は俺からスルリと抜け出し、バックから携帯を出して話を始めた。
「えっ?あぁ今ね?友達と居酒屋にいるよ」
どうやら旦那らしい。
「うん、うん・・・もう少ししたら」
携帯を切った彼女に、「ごめんね・・・旦那が今から迎えに来るって」と言われ、慌てて着替えてホテルから出た。
「ごめんね・・・」
「気にしないで、また今度ゆっくり」
「うん」
近くに着くと、「じゃあね?」とキスされた。
それからも、ちょくちょく会って楽しんだ。
3ヶ月位したある夜、いきなり携帯が鳴った。
出たら真理子で、「何してるの?」と聞かれ、「何にもしてないよ」と話すと、「今から会いたい」と。
待ち合わせ場所に行くとすでに真理子はいて、車に乗ると泣き出した。
「どうしたの?」と聞くと「姑にイヤミを言われたの」と。
だから泊めて欲しいのだとか。
真理子をアパートに連れ込み、一緒に座った途端に抱きつかれた。
「メチャメチャエッチして」
そのままベッドで。
その夜の真理子は凄い積極的で、おっぱいを舐めただけであそこはグショグショ。
「入れて」と言われ、ゴムを着けようとしたら「生でいいよ」と言われ、ゴムを外して真理子の中に・・・。
直に締めつけられる感触は凄かった。
「私も気持ちいい」と真理子も声を上げる。
いつもより激しかったみたいで、突き上げると真理子も声をいつもより上げる。
濡れ方も凄かった。
悶える顔を見ながら真理子の中を侵してると暴発しそうになり、止めると「止めないで!」と真理子は腰を動かした。
ヤバイと思ったが、真理子は腰を動かし続けて射精を誘う。
「出ちゃうよ」
「いいよ!私にいっぱい出して!」
「中に出していいの?」
「うん!いっぱい出して!」
抱きついてきた真理子を荒々しく突き上げ、そのまま真理子の中に射精をした。
「アンッ・・・ドクドク出てるぅ!」
出してる間もギュッギュッと真理子の中は俺のを絞り取った。
何も言わずにキスをして、しばらく抱き合いました。
「よかったの?」
「うん。実は結婚して5年目なんだけど子供が出来なくて・・・。そのことで姑にイヤミを言われたの」
「でも、俺のはまずいだろ?」
「いいの・・・旦那が駄目なんだと思うし、浩二君の子供なら欲しいし」
それから俺は真理子の中に毎回射精を繰り返し、先月・・・彼女は妊娠。
3ヶ月らしい。

 - ナンパの体験談 ,