TOP >  変態プレイ体験談 > ノッてる変態

ノッてる変態

急に外でオナニーしたくなって、最初はズボンからちょこっと出してケータイ見ながらするつもりだったんだけど、そのうち全裸になりたい欲望が高まって、広めの公園に移動した。

ホームレスとか不良とかが溜まってるかと思って、公園のぐるりを散策しているうちに雨が降ってきたから、

「やるなら今だ!」

と思って、雨が凌げるコンクリの土管の中ですばやく全裸になった。

一応、靴は履いてたよ。

足を怪我するとまずいと思ったから。

何故かそういうところだけは冷静。

全裸になってまず記念撮影しようと思ったけど、ケータイが省電力モード突入。

あきらめる。

走りながら鉄棒に勢いよく「ヒャッホーイ!」と飛びつく。

「乗ってきたぜ!」

小高い山のような遊具の頂上に登り「うおー!さいこー!」全身で雨を浴びる俺。

あらゆる遊具に、木馬のようにまたがり、あるいはチンコをすりつけながら「クセになりそうだぜ!ひゃっほー!」と叫ぶ。

アスリートのように公園を駆け抜ける。

チンコがビッタンビッタンいう。

雨が気持ちいい。

さすがに寒くなってきたので、そろそろ潮時かと思い、屋根つきのベンチに寝そべりながら

「ああん!ああぁぁ!チンコ硬くなってる!気持ちい!癖になりそう!誰か見て!特に女の子見て!イク!イク!」

と、叫びながら絶頂を迎える。

すばやく土管の中に戻り、ザーメンを靴下でぬぐう。

「気持ちよかった!またやろう!」

『雨に唄えば』のテーマを口ずさみながら、雨が弱まるのを待つ。

すばらしい気分で家路に着く。

ゴスペラーズの『星屑の夜』を唄う。

俺の十八番だ。

ノってきたのでよく知らない歌も唄う。

「とびかたーをわーすれーたとーりのォーよぉーにぃ~、僕はー何かを」

ここで新聞配達の人に見られて我に返った。

(C)秘密のエッチな体験談