秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

スワッピングパーティ

かなり前の話だけど、スワッピング(乱交?)パーティーに参加したことがある。

そこはカップル限定のところで、おれは当時付き合ってたセフレを連れて行った。

おれが35歳、セフレが30くらいだったかな。

ちなみに、その子はポチャ&ブスだったが愛嬌があってかわいらしく、何よりエロくてSEXの相性もよかったので楽しく付き合っていた。

パーティー会場は、繁華街近くの普通のマンションの1室。

事前に申し込みしてあるが、玄関で入会手続き。

入会はけっこう厳しかった。

そのマンションは、キッチン以外に3部屋あってどこでも好きにやっていい。

ドリンクや軽食もあって、女用のコスプレやキャミソールが壁にかけてある。

おれらが行ったときには、もうすでに始まってて先客がたくさんいた。

部屋に入ってみて一番驚いたのは、その客層。

みんな若い!

しかもイケメン・美女ぞろい!

特に女は全員どう見ても20代、顔もスタイルもいいモデル級ばかりだった。

はっきり言って、30台半ばのパンピーおっさんと三十路デブスカップルのおれらは完全に浮いていたと思う。

もう完全にビビッちゃって、暗いリビングの壁に二人で座り込み、周りを見渡すおれら。

でも周りは、そんなおれらの事なんて気にしていない様子。

ヤってるやつらもいれば、イケメン男同士でパートナー交換の交渉をしてるやつもいる。

いたたまれなくなってトイレに行ったら、ちょうど女の子が出てくるところだった(マンションだからトイレは1つで男女共用)

これまた若くて超美形。

1戦終えた後なのか、黒のキャミソール(これがまたエロカワイイ)

すれ違いざまニコっと笑って目配せされた。

(あんな子とできるのか・・・)と勝手に想像し興奮した。

うちのデブスをどうやって交換してもらおうかと考えながらリビングところに戻ると、セフレが

「ねえ、もう帰ろうよ」

と言い出した。

どうやらセフレは、ここをお互いに見せ合うカップル喫茶のようなところだと思ってたらしく、こんなスワッピングはしたくない様子。

「せっかく来たんだし」

と、おれが言うと

「私が他の男の人に触られちゃうんだよ?それでもいいの!?」

と言われた。

いや、全然構わないんですけど・・・と思ったけど、大切な存在には違いないし、機嫌を損ねられても困るので帰ることにした。

でもそのまま帰るんじゃ悪いからって言って、フェラ抜きしてくれたw

しかも、わざわざ豹柄のボディコンコスプレに着替えて美女たちがヤリまくってる部屋の隅っこでしてもらうフェラは、なんか興奮した。

その後もう電車もない時間だったけど、お口直しになじみのカップル喫茶へ行ってさらにラブホでお泊り。

金も体力も行動力もあった頃だからできた。

それっきりそのパーティーには行ってないが、今でもあれは何だったんだろうと思う。

おれもよく覚えてないというか、なんでそんなとこに行ったのか不思議。

当時は、よくそのセフレといろんなカップル喫茶やハプニングバーに行ってたので、その店もきっとネットで調べてヒットしたんだろうと思う。

ただ、おれ自身も当初はスワップするつもりじゃなかった。

行ったことある人ならわかると思うけど、カプ喫の客ってただ見せ合うだけの相互鑑賞から本格的なスワッピングまでいろいろいる。

おれらはライトな相互鑑賞派で、スワッピングなんてしようと思ったこともなかった。

カプ喫って年齢も高めだしね。

だからその店も、ほんとにカップルで行って相互鑑賞するだけのつもりだったんだよね。

でも行ってみたらスワッピング専門パーティーだったというわけ。

ちなみに客の女がみんな若くて美人だって言ったけど、決して店の仕込み女じゃなかった。

カップルでの参加が大前提で、それは厳しかった。

さらに言えば、みんな夜の雰囲気というか水っぽさや風っぽさはまるで感じられない普通の女の子だった。

ほんとに普通にデートで彼氏に連れられてきたっていう感じ。

そのギャップが異様な雰囲気だった。

だからほんとに不思議なんだよね。

その時はセフレにちょっとかわいそうなことしちゃったかなと思っけど、もし今おれに若いセフレがいたらもう一度行ってみたいね。

【お持ち帰り】

 - 変態プレイ体験談 ,