秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

カップル物のAVで彼氏が横にいるのに中出しされて白目向いてイク(前編)

カップル物のAVで彼氏が横にいるのに中出しされて白目向いてイク(前編) 

私は都内でマッサージサロンを経営しているんですが、先日古い友人に頼まれて、AVに出る事になりました。その友人はAVの新レーベルの監督をやる事になったので、手伝って欲しいと言われました。 新人の監督は男優からナメられやすいから、自分側の人間が一人欲しかったようです。AVの内容ですが、最近良く見かける「カップル物」です。 私が見た事有るのは、カップルをナンパして目の前でハメちゃうとか、彼氏にヘッドフォンさせてパーテーション越しにヤッちゃうとかそんなんです。 ヤラせもありますが、本物もあるらしいですね!ビックリしました。でも、友人の企画は若干違っていました。まず、カップルをナンパするんですけど、本格的な調査会社のフリをして引っ掛けます。 何の調査かと言うと、コンドームメーカーの販売促進に伴う調査って言う名目です。 ちゃんと制服も白衣の人間と作業着の人間二人で声をかけます。 カップルをホテルに連れ込んだら、別室でアンケートをするって事で別れてもらいます。 男の方はなるべく時間を伸ばす為に、本気のアンケートを考えます。 女の方は、早い段階でコンドームの実物と装着テストをさせて、流れでエロい方向にもって行く作戦です!まあ私もこの手のビデオが嫌いじゃ無いので、ワクワクしながら手伝う事になりました。 友人も、このビデオが売れるかどうかで大きく人生が変わるらしいから、私も気合いが入ります。そして当日になり、繁華街でナンパをしました。 友人の数少ない知り合いの男優さんが一人来て、3人だけではじめました。 その男優は20代中盤で、私よりは当然年下です。 そこそこ礼儀正しいので、すぐに馴染んで、二人で声をかけはじめました。 私が研究員役で白衣を着て、男優が製造メーカーの調査員役で作業着を着ています。朝っぱらから声をかけはじめて、午前中はダメでした。 報酬をケチっていたので、少しアップして午後に臨みました。 午後は2組めで引っ掛かって、ホテルまで行ったんですけど、別室に入ってからエロい事をしようとしたら拒否されて逃げられました。もう一度仕切り直して声をかけはじめました。 次に捕まったのがギャル男とギャルのカップルで、ホテルに連れ込んだ所で、フェラまではさせましたが最後までは拒否されました。 友人も言っていましたが、ガングロで軽そうな女ほど意外にヤラせないんですよね!不思議なもんです。次に引っ掛かったのは普通っぽいカップルです。 今回の女の方は、エロい感じがしました。 友人も同意見だったんですが、目の形がかまぼこ型って言うんでしょうか?そういう女は結構エロいです。さっそく部屋に連れ込んで、別室に入れました。 男優は男と話をしていて、友人と私で女の子と部屋に入りました。 友人はカメラを回しています。 そして、簡単に話を聞くと、26才の同い年カップルで、彼氏とは付合って2年、結婚も考えてるらしいです。 「浮気はした事ありますか?」と聞くと、意外に素直に「元カレと一回だけしました」と答えていました。適当に質問をして、「コンドームをいつも付けていますか?」と聞くと「していません」と言っていたので、「じゃあここで、ちゃんと装着が出来るかチェックします」と言いました。 私は女の目の前で、坦々と裸になり、コンドームを渡しました。 女はちょっと疑っていたが、渋々やりはじめました。 でも、勃起していないので全然付けられません。 私は凄く低姿勢で「すいません、ちょっとおっきくならないと無理みたいですね・・・シゴいてもらえないでしょうか?」と言うと、女はちょっと笑いだして、「えー、いいですけどー、何か変な感じですよ、エッチなビデオみたい・・・」と面白そうでした。シゴきはじめるとダンダン固くなってきて、友人が「彼氏と比べてどうですか?」と聞くと、「彼氏より大きいです、彼氏これの半分ぐらいです(笑)」と言っていました。 どうやらそれが理由で元カレと浮気したらしいです。そしてこの位から、友人と段々エッチな方向にもっていきました。 「えー、彼氏のちっちゃいのに大丈夫なの?」 「結婚したらずっと小さいのしか楽しめないよ!」 「今のうちに思いっきり遊んだ方がいいよ!」 「後で後悔するよー」なんて話してると、「そうですよねー、友達にも言われるんですよー(笑)」とまんざらでもなさそうです。そして、「じゃあこのまま俺達と楽しんじゃおうよ!」と言うと「あははっ、えー、ヤバいですよー、隣に彼氏いるしー」と拒否はしていたが全然イケそうな態度だった。 私も友人もイケると判断して、説得しながら脱がしにかかった。まずベッドに移動して、「もう楽しんじゃおうよ」と言いながらニットをまくり上げて、ブラをズラそうとすると、「えーダメですよ!」と言ってきたので、「ヤバいヤバい、彼氏に聞こえちゃう!シー!」と言ったら慌てて自分で口を塞いでいた。 その隙に乳首を出して、いきなり吸い付くと「ダメですよそんなの、ああ、あっ、ダメ、ヤバい、あっ」とすぐに感じはじめたので、片手でスカートの中に手を入れると、パンツはビッチョリ濡れていました。私は友人に向かって女のパンツがハッキリ見える様に、股を広げさせて撮影させました。 「隣に彼氏いるのにこんなに濡らしちゃって!スケベな女だな!」と言うと、うっとりした顔で「違うもん、もうダメ、やめて!」と言っていたが、股を閉じようとしていませんでした!

 - 浮気・不倫の体験談, ナンパの体験談