秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

アイドル顔だけど酒の強い後輩が珍しく潰れたので頂いた

アイドル顔だけど酒の強い後輩が珍しく潰れたので頂いた

職場に美人というより可愛いアイドル顔した後輩がいて、それがとにかく酒はザル強くてどんな飲み会でも今まで一度も乱れたとこ見たことなかったんだが・・・
ひょんなことから同僚女子社員が集まる飲み会に誘われ、その日は運悪く残業がたまって3時間ちょい遅れて参加したのだが、この時点ですでに全員べろんべろんの酔っ払いモード。
聞けば下戸と聞いてた子まで、無理してカクテル数杯飲んでテーブルにヨダレたらして眠って撃沈してる始末。
女子だけっていうシチュエーションがそうさせたのか、この時点で思ったのは、これでオヒラキとかになって、そんでも会計だけはしっかり割り勘で払わされるコト(まだ何も頼んでないんだが)。
ところがそんな不安はどこへやら、俺がきたことでさらに盛り上がり、ワインに焼酎もボトルで頼むわ頼むわ。
無茶ぶりオーダーにそんなに飲めるんかい!?て感じ。
それから30分もしないうちに案の定、ギブアップしてトイレ行く子が続出で、もう帰ろうってことになったんだけど、見回したら可愛いアイドル顔した後輩が見当たらない。
探してみたらトイレの横にあるタバコの自販機にもたれかかって寝てるのを見て大ショック。
なんせ、いままで一度も酔ってる姿を見てないし、何度となく飲みあって俺が先に潰れてきたんで(笑)
でまぁ、「大丈夫かぁ?とか立てるかぁ?」とか声かけて、わきから抱えるようにして後輩を連れて席にもどったところ、みんな精算済ませて帰っちゃってるから二度びっくり。
仕方ないんでタクシーつかまえて、ちゃんと送ろうと思ったんだけど、これがまったく意識がない爆睡状態だから、聞き取るのも一苦労でした。
途中、しなだれかかってくる後輩を抱き寄せて、腋の下から手を伸ばしてブラの上からだけど横乳プニプに押して感触楽しんだり・・・
後輩の頭やほっぺにキスしてみたり、後輩の唇を俺の顔にあててキスさせてみたり、だらしなく伸びてる後輩の手を俺の股間にもってきて触らせてみたり・・・
1時間ちょいの至福の時間もあっという間に過ぎたのでした。
で、後輩の家の近くらしいところについて、タクシーから降ろして帰ろうとしたら、後輩がべろんべろんに酔いながらも、「それはダメ・・・それはダメ・・・っ」て困った感じで繰り返し降りるのを拒否しはじめるんで、俺も一緒に降りることに。
まだシラフの俺と酔っ払いの後輩。とある住宅街のガレージの軒先にしゃがみこんで、途方にくれる俺と俺の股間に頭をのせて眠る後輩。
どーして家に帰れないのかその理由を何度も聞いてわかったのが、後輩が恋人と同棲中らしく、深夜過ぎて酔っ払って帰宅すると焼きもちやきの彼氏が怒ってお仕置きするのだと。
それが嫌で帰れないんだと。。。
途方にくれて、なんて迷惑なヤツを抱えてしまったんだと思ったら、どこかでプチンと理性が切れちゃって、後輩のCカップくらいある胸に自然と手が伸びていった。
ブラウスの上から乳をもみまくってて、そうしたら街灯のせいでか妙に白く見える白いふとももが気になり出した。
スカートの奥へ奥へと手をすべらせていってパンスト越しにクリを探して指でぐりぐり押し付け・・・
そうしたら意識朦朧としながらも後輩が「ダメです、、、ダメです、、、」って言い始めて、「先輩のこと好きだけど、ココでは嫌・・・」って。
俺のこと好きだったの?という驚きと、そんな後輩がめちゃくちゃ可愛く思えて、「俺もだよっ」て言って抱きしめてしまい、気がつけば他人の家のガレージの床で後輩を脱がしにかかってる俺がいて・・・
ぐでんぐでんの後輩を思いっきり強く抱きしめて、「あぁぁぁん、、、、」と漏れ聞こえる後輩の甘い声にさらに欲情。
冷たく冷えたコンクリの上に後輩を寝かし、後輩の上にのしかかるようにして唇にキスをして、隙間から無理やりベロを押し入れてまずは強制ディープキスに。
下をからませながら後輩の歯という歯を全部なめまわして、唾液という唾液を全部ズズズ・・・
と吸い込んで、今度は俺の唾液をベロ伝いにドンドン流し込んでウンウン言わせ・・・
その間も俺の右手はずっと後輩のスカートの割れた足の奥にいれっぱなしで、パンスト越しにでもくちゅくちゅ濡れてるのがわかって、もう入れたくて入れたくてたまらなくなってきた。
「あぁぁぁ、、、ん、、、、、ダメ、、、ダメ、、、ダメ、、、、」としか言えない後輩。
次に言えるのは「先輩・・・ダメ・・・だって・・・だって・・・」という声だけ。
下着の中に手をつっこんだら当たり前なんだけどめちゃくちゃ後輩の素肌があたたかくて、寒い夜空の下でいるのが嘘みたいにあたたかい体温を感じられた。
ふさふさとした毛の感触も柔らかくて子供の産毛みたいで、ふんわりした手触りにこれまたいっそうソソられるというか、なんかいじめてる感じにゾクゾク。
もうこんなチャンスないだろうと、とにかくいれたい一心で、クリをこすりながら指を2本いれたときの感動は言葉にできないくらい。
俺も好きだよ・・・一緒になろう・・・って声かけたら、「先輩・・・・・・・先輩・・・・・あたしも・・・・・」っていうんで、とっととベルトはずして後輩のパンティずらしてそこからイッキに挿入。
てか、あまりに後輩の中が熱いんで驚いたというか、いままで経験してきた中で一番ホントにチンコ燃えちゃうんじゃないかと思える熱さでチョーーー気持いい。
熱いし締め付けがスゴイしで、腰を浮かし気味にして後輩のGスポット探していかせてやろうとか考えてたんだけど・・・ものの5分も持たなかった。
気がついたら、中出ししちゃってて、一瞬理性取り戻してやべーと思ったんだが、これも初めてなんだけどすぐまたフル勃起するという人生初の興奮というか。
後輩の「せ・ん・ぱ・い・・・・いい・・・ぃぃ・・・気持ぃぃぃぃ~」って声にも興奮しちゃって、そのまんま2回戦へ突入。
今度は20、30分くらいだと思うんだけど、右に左に奥へ奥へと突きこんで、当たってる感じを存分に楽しみ、最後に無理やり猫の屈伸みたいなへなへなポーズのバックにさせた。
さらにぐいぐいねじりこみ、最初に中出ししちゃってたからもう同じ事だ、とココでも全部中にださせてもらいました。
全部出し切ったけど正常位の状態でまだ入れたまま後輩を抱きしめてキスをし続けて、気分が落ち着いたところで服を着なおしさせたあと、1時間くらいそこで抱き合ってたかな。
行きますね・・・っていう後輩の声でふと我に返ってこれで終りなんだと実感して、もう一度抱きしめてキスしてから立って歩いて家まで送ってきました。
後輩とはその後一週間くらい目あわすのが難しかったけど、別の飲み会が機会になって、また普通に話すようになった。
いまはセックスまではしてないけど、帰りのタクシーの中でじゃれあう感じでキス程度はしあいながら送ってあげたりしてる。
唯一後悔してるのは、あんだけチャンスあったのにフェラしてもらわなかったことで、これはまだ言えずにいるw
てか。。。これこそ後輩に言えないのだが、帰宅してから翌朝スーツのパンツを見たら、後輩の愛液でチャックの周辺、腰のあたり全部が真っ白な雪景色でパリパリになっていて、クリーニングにも出せなかったことかもww

 - 学校・職場での体験談 , ,