秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

ご近所の旦那さんに…

数年前の話です。

私、結構田舎に住んでいて周りには何も無いんです。

それで近くにダムがあって、そのそばに遊水広場があるんだけど、小学生の息子の夏休みとかは、そこでよく子供を遊ばせていたんです。

そこは、平日の昼間とかはあんまり人が来ない所で、アスレチックとかサッカー場とかあって子供も行くのが好きだったんです。

ある日、子供を連れてそこに行くと一台の車が停まっていました。

誰かなーって思っていたら近所の旦那さんで、その人も子供を遊ばせに来ていたんです。

その旦那さんは、40ちょっと前で背は低いんだけどガッシリしている人です。

旦那さんはYといいます。

その人とは前から知り合いで、うちの旦那とも仲がよかったので子供を遊ばせながら話をしていました。

それで、その日は子供を連れて家に帰ったんですね。

その何日か後に、うちの旦那が会社の仕事で車を使うというので、子供達を遊水広場に連れて行けなくて残念に思っていたら、偶然、朝ゴミ出しの時にYさんに会ったんです。

Yさんが

「今日は行かないんですか?」

と、聞いてきたので

「旦那が車を使うので行けないんです」

と、答えたら

「うちの車で一緒に行けばよろしいじゃないですか」

って言われて、子供たちの事を考えてお言葉に甘えたんです。

一応、旦那にもその事を話すと了承してくれました。

Yさんの車は三菱のワゴンなんですけど、かなり大きいんですね。

それに乗って私と私の息子二人、Yさんとその娘さんの計五人で行ったんです。

Yさんの奥さんも来るかと思っていたんだけど、その日はパートのお仕事があるみたいで来なかったんです。

遊水広場に行ったのは、お昼過ぎだったんでとても暑かったんです。

子供達は、その暑い中でも元気に遊んでたんだけど、私は暑さに参っちゃて木陰で休んでたんです。

Yさんは、初め子供達と遊んでいたんだけど、疲れたのか私の所に来て二人で話していました。

その話の内容はあまり覚えていないんですけど、多分、近所の話とか子供の話とかだったと思います。

しばらくしてから、Yさんが

「車の中で涼みながらお茶でも飲みませんか?」

って言い出して、子供が気になったんだけど、すぐそばで遊んでいるし暑くてもう限界だったんでYさんと一緒に車の中に入ったんですね。

Yさんがお茶を出してくれて、二人で子供の話をして結構盛り上がってたんです。

最初はそういった世間話だったんだけど、徐々に昔の恋愛の話とかになっていったんです。

私は今の旦那の前に長く付き合ってる人がいて、その人に二股かけられて振られたんですけどとか、そんな話してたんです。

Yさんは、今の奥さんが初めて付き合った人だったらしいです。

恋愛の話とか、結構長い間してなかったから楽しくて、男の人と二人っきりっていうのを忘れていたんです。

しばらく話していたんだけど、Yさんが急に静かになったんですね。

おかしいなーって思ったんだけど、Yさんの目がちょっとギョロついてて、私の胸見てる気がして、なんというか危ないって本能的に思ったんです。

それで

「子供たち、見てきますね」

って、Yさんに言って車から出ようとしたんです。

そしたら、いきなりYさんが私の肩をすごい力でつかんで、キスしてきたんです。

私、怖くてびっくりしてあたふたしてたら、シート倒して押し倒されたんです。

私、その時Tシャツとロングスカートでした。

それから口を手で押さえられて、Yさんがブラジャーの中に手を入れてきたんです。

それで私、身体が固まっちゃったんですね。

その後に、すごい力でTシャツとブラジャー脱がされて上半身裸にされたんです。

ものすごい形相を、Yさんがしていたのを覚えています。

私、何度も

「何するんですか、止めてください」

とか、抵抗の言葉を出してたんですけど、相手はニヤニヤ笑ってて不気味というか、聞く耳持たない感じだったんです。

相手の手は私の口から離れて、胸とか下の方にいってたので大きな声出そうと思えば出せたんだけど、すぐそばに子供達がいるので、なんだか気になって出せなかったんです。

大きな声出して、車の中で裸でいる私を見られたら、いくら子供でも変だと思うでしょうし。

本気で逃げ出そうと思えば、できたのかもしれないんだけど上半身裸だし、できなかったんです。

Yさんは私の胸を執拗に舐めていて、それから私のパンツを脱がせてきたんです。

私はスカートを捲し上げられて、ほとんど裸でした。

相手の手がアソコに伸びてきた時に、車から出る事もできないし、言っても止めてくれなそうだったので、少しあきらめてしまって抵抗の力を緩めたんですね。

そしたらYさんも、それがわかったのか、自分の服を脱ぎ始めて全裸になったんです。

普通なら考えられないですよね。

車の中ですし。

もう、ここまできたら抵抗する気力もなくなっちゃって、子供や旦那に申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。

でも、アソコとか指入れられたり、舐められたりしているうちに悔しいんだけど気持ちよくなってきちゃって、それにすぐ外に子供達がいる緊張するシチュエーションに少し感じちゃったんです。

それから少しして股を強引に開かせられたんだけど、もうその時はまったく抵抗していませんでした。

その時の相手の笑いが、今でも忘れられないんだけど・・・・。

私が仰向けで、相手が私の上に乗って正上位でおちんちんを入れてきたんですね。

もちろんコンドームは無かったから、とても嫌だったけど抵抗してもいまさら止めてくれないだろうし、身体を任せていました。

くやしいけど、普段とは違うおちんちんと車の中っていう場所に興奮してしまって、我慢しないと子供に聞こえる声が出そうなくらい気持ちよくなってました。

しばらくして相手の動きが早くなってきたんで、出るのかなーって思ってたら

「中に出していい?」

って聞いてきたので、それだけは勘弁だったのでキツイ顔をして断りました。

そしたら、抜いて精子を胸にかけてくれたんですけど、旦那の精子と比べて濃くてグロテスクだったのを覚えてます。

行為が終わっても、しばらく私、動けなくて罪悪感で泣きそうでした。

怒鳴ってやろうとも思ったんだけど、私が感じてたのは相手も知っていたと思うし、それもできませんでした。

その後に、相手が精子と私のアソコをタオルで拭いてくれたんだけど、何も言葉を交わさないまま、お互い服を身に着けて外に出て、子供達が遊んでいるのを見ていたんです。

それから1時間ぐらいして、Yさんの車に乗って家に帰ったんですけど、その車中で子供達と話している時に、なんだか情けなくて涙出てきたんですね。

息子に、

「何で泣いてるの?」

って聞かれたんだけど、答えるわけにもいかず・・・

それからYさんとは何にも無いんですけど、近所なので、時々顔を合わせたりすると数年経った今でも気まずいですね。

Yさんとの事は旦那には言っていません。

言うと波風が立ちそうで・・・

 - 禁断の体験談 ,