秘密のエッチ体験談

誰にも言えない禁断の体験・秘密のエッチな体験談をまとめました

*

いとこ

俺は今年で高2になるが、俺には今年で中1になるいとこがいる。

そいつの名前は那穂(仮)

K県に住んでいて、俺が中2のとき初めて会った。

いとこがいたことは小5のとき知ったが、興味がなかった為、一度も両親に詳しく聞いたことがなかった。

俺が中2の8月のある日。

急に叔父さんの家に行くことになった。

初めてだったしとても楽しみだったので、マンガとかたくさん持っていった。

飛行機で大体2時間ぐらいでK県に着いて、そのあとは叔父さんの車で家に行った。

そこはけっこう田舎だったため、車も少なく予定より早く着いた。

それで家に行くと、まわりより少し大きい家に着いた。

そこには色白の子供が一人いた。

叔父さん「うちの那穂(なほ)です。今年で小学3年になるんだよ」

那穂「こんにちは」

那穂は色白でサラサラの髪の可愛い子だった。(正直萌えた)

俺「ぁぁ・・・どうも初めまして」

母「こんにちは。ちゃんとあいさつできて偉いね」

そんな感じで家に入ってとりあえず昼食を食べた。

(ちなみに昼食は俺の大好きなすしだった)

それから買い物に行ったりして、夜になって夕食を済ませて風呂に入ってTV見てたら、母親にもう寝なさいって言われたから自分の眠る部屋にいって眠りについた。

(そこの家は妙に部屋が多く、家族バラバラで寝た)

そして夜中の1時にトイレに行きたくなって起きた。

それでトイレを済ませたら なんと那穂の部屋の扉が開いてて中が見えた。

こっそり中に入ってみると、そこには布団に可愛い顔をして横たわる那穂がいた。

俺は眠気がすっとんだ。

抜き足忍び足で近づいた。

「スゥー。スゥー」と可愛い寝息に俺のチンコは膨らんだ。

そして起こさないように慎重にディープキス。

唇の感触がなんともいえなかった。

Tシャツを脱がして胸をさわった。

胸はまったくといっていいほど膨らんでいなかったが、舌で舐め回した。

そして慎重にズボンを脱がしたとき異変に気づいた。

暗闇でよくわからなかったが、ブリーフらしきものをはいていた。

おかしいな・・・と思いつつパンツも脱がした。

すると なんと毛一本も生えていない(そりゃそうか小3だしな)

そして股間のところに見覚えのある物体が・・・

チンコでした・・・

なんと那穂は男だったのです。

いっきに冷めてしまい服を戻しました。

しかも運の悪いことに、その一部始終を叔父さんに見られてしまい、

叔父さん「大丈夫。お父さんとお母さんには言わないから、男が好きになる男だっているんだから安心してね」

と誤解されてしまいました。

弁解をしようと思いましたがうまく言葉にならず

「もう寝なさい」

と言われてしまいました。

結局、次の日から叔父さんにはホモの気があると思い込まれ、別れの時は

「もう。那穂を襲ったりしないでね」

などと言われました。

後で知った話なのですが、那穂という名前になったのは叔父さんが生まれるまで女の子だと思っていて名前を考えていなく、もう那穂でいいやってことでそんな名前になったそうです。

名前による先入観は捨てたほうがいいですね。

 - 禁断の体験談 ,