ピアノ教師とのH at 2015/12/2 - 19:06 pm

2015/12/2 - 19:06 pm

ピアノ教師とのH

ピアノ教師とのH 

音楽やってる女って結構すけべだったりする。普段は澄まして楽器弾いたりしてるから男の方でかってに思い込むんだね。俺も音楽やってる女と何人か付き合ったけど、演奏中の姿との格差がたまらない。演奏会の時のドレス着せたままハメたら興奮したなあ。でも逆に疎いやつは本当に疎いんだ。今付き合ってるのは正真正銘のお嬢様ピアニスト。27になるんだけど、俺がはじめての男だった。以前付き合っていた音大生と彼女の部屋でエッチした時に狭かったからグランドピアノの上でハメたりしてた。ピアノ科の女なんかピアノの前でハメると泣き叫んだり(大切なピアノだから)するから、面白くて、本命以外の女には何度か試したことがある。今の彼女にもハメたままピアノ弾かせたりしてみたいんだけどな。
えーっ ピアノで、H?ハメタまま弾けるの?なんか、AVで観た事あるけど・・・。でも、ちょっとそれは、勘弁・・。出来ないなぁ。。ハメたままでも俺が腰を動かさなければ弾けるみたいだよ。ズコズコ突きはじめるとダメみたいだね。「あん、あん」喘いでるよ。「ピアノの前」っていうのがミソだね。やっぱり彼女達にとっては特別な存在でしょ、ピアノって。俺は逆に物凄い征服感を感じるんだよな。鍵盤に手を突かせて突きまくり…興奮するなあ。前の女(ピアノ教師)はフェラ好きだったので、フェラさせながらピアノ弾いてもらったことがあります。グランドピアノなら俺がピアノの上で彼女の前に腰かけられるでしょ。ちょっと弾くには中途半端な高さかもしれないけど、お互い結構はまった。セックスの時にピアノから離れたいというのは、ピアノやってる人にしかわからない感覚でしょうね。一日の大半、いや、人生の大半はピアノの前で過ごすんですから・・・俺が付き合った女の中には片時もピアノから離れたくない、という女はやっぱりいませんでしたね。職業にする位だから大好きなのでしょうが、趣味でやるのとはやっぱり違うらいしいですね。

2015/12/2 - 13:59 pm

ストレスで始めたローターが癖になった職場の欲求不満な人妻

ストレスで始めたローターが癖になった職場の欲求不満な人妻 

ウチの会社にお局がいます。
目立たない人ですが、決してブスではありません。
40過ぎかな?ちゃんと結婚した人です。
先月のこと、コピ−をしようと落とした書類を拾って、立ち上がったんです。
たまたま正面にいた僕の目に、タイトスカ−トの真ん中から、四角い小さな物体がぶら下がってたのが見えちゃいました。
サッとしゃがんでました。
誰も気付かなかったけど、見てはいけないものを見た感じでした。あとでランチにつき合わされました。
以前に電車内で痴漢にあったときの置き土産のローターで、その時のスリル、旦那の浮気でセックスレス、だけど自分は浮気する勇気がなくて、ストレスで始めてクセになったそうです。
気の毒になりました。要は欲求不満なわけです。
デパ−トの食堂街でしたから、すぐにでて中を確認してトイレに。彼女が躊躇する前に手を引いて個室に連れ込みました。
「僕がお相手します、嫌ですか?」
ちょっとの間のあと、自分の好きにさせてくれるならと承諾。
自分でパンツを脱いで恥ずかしそうに「お願いします」です。
便器の蓋に座らせてクンニを始めます。
すでにヌルヌル。声を押さえてすごい感じようでした。
クリを舐めるたびに体を震わせます。トロ~とした液体が、どんどん溢れて大変なほどです。
フェラは吸い込みが強よくて痛いくらいでした。
硬くなったら座らされて、向かい合わせになって腰を沈めてきました。
すごい腰の振り方で、前後左右、上下にとにかく激しいんです。
人が入ってくると中断して、また再開しての繰り返し。
「もう出る~」というと、サッと降りて口で受け止めてくれました。
チュ~っと全部きれいにしてくれて、「まだ大丈夫でしょ」って、また元気にされて・・
・。
「早く!時間ないから」って、少し焦りながら壁に手をつかせてバックからしました。
あまりパンパンさせないように高速ピストン。
頭を激しく左右にふります。膝を崩しそうになるので、オッパイを掴んで支えながら最後は、激しく!激しく!
苦しそうに「あ~イクー!!」って崩れ落ちたお尻に射精しました。
今でも週三回、場所を変えて慌ただしいんですが、ランチタイムのセックスを楽しんでます。

2015/12/1 - 19:00 pm

魔法のフェラ手コキ

魔法のフェラ手コキ 

以前から通っている風俗エステ(回春マッサージ店)で、先日ようやくNo.1の嬢に当たれたのでレポらしきものを書いてみる。こういう風俗体験記?を書くのは初めてなので、わかりにくいところがあったらご容赦下さい。基本的に風俗行ったことない人向けに書きますので、専門用語とかは極力無しで。宣伝とかではない(お気に入りの子を特定されたら困る)ので店名・駅名などは伏せておきます。さて、自分は風俗にあんまり深くハマってはいない人種です。ソープもピンサロも経験なし。一月にいっぺんくらい、泊まり勤務が明けた日の夜とかにHなエステ店(またはデリヘル)に疲れを癒してもらいに行く程度でした。普通のデリヘルも一通り経験したけど、オーラル系のサービスは病気が怖いので素直に楽しめず、もっぱら手コキ系のお店が主戦場。というより、仕事仲間に教わって初めて行ったデリヘル形式の回春マッサージ店(今回紹介するところ)をリピートすることがほとんどだった。ここのシステムは基本的に派遣型で、自宅かホテルにエステ嬢(だいたい22~29歳くらい、写真は全部薄くモザイクあり。相当綺麗に撮ってるけど、まあ詐欺というほどではない)を電話でデリしてもらう形式。自分は家に呼ぶのが好きでないので、お店のそばのラブホをあらかじめ取っておいてもらうことがほとんどだった。プレイは前半はアロマオイルを使った普通のマッサージ、後半が手コキ中心のエロマッサージという感じ。70分14000円というと風俗行く人なら「なかなかのお値段」とわかると思うけど、その分だけあってお店の女の子は外見もマッサージもたいていレベル高い。そのかわりおっぱいとかのお触りやキス、フェラなどなどは全部NGな感じ。あの日は職場に泊まった徹夜明けの金曜日だったかな。夕方に勤務が明ける予定だったので、朝から一人で「これは今夜行くしかないでしょう」という妙なテンションだったのを覚えてる。それまでに当たった嬢は3~4人くらいで、自分はその中でも特にサービスがエロい子(言葉攻めが俺好みのドSなお姉さん。「もう出ちゃうの?恥ずかしーい」「おしり弄られていっちゃうなんて女の子みたいだね?」みたいな)によく頼んでたんだけど、その日はなぜか普段いつ聞いても予約でいっぱいのNo.1嬢のアポがあっさり取れてしまった。名前は仮に裕美子ちゃんとしよう。そこのお店は結構「プレイ内容は女の子に任せてます」という感じ。HPを見ると「一緒にシャワー浴びて服脱がせてくれてウンタラ~」と流れが書かれてるけど、結構頼んだ女の子によって手順やプレイ内容が違ったりする。前立腺マッサージがあったりなかったり、言葉攻めがあったりなかったり。乳首舐めしてくれる子もいればいない子もいる。ちなみに普段お願いしてるお姉さんのプレイをざっくり書くと、「お姉さん下着姿になって一緒にシャワー→チンポも綺麗に洗ってくれる→ベッドの準備してうつぶせでマッサージ25分(オイル使った本格的なやつで、てもみんとかより格段に上手)→回春マッサージ30分→1回か2回射精して時間、シャワーで体洗ってもらってバイバイ」な感じ。回春のところはほんとに女の子によって違うので今回は割愛します。ずいぶん横道にそれたので本題に入ろう。予約時間の5分前、最寄り駅でいつもの店に電話する。「○○(偽名)ですー、今東口に着きました」「ありがとうございまーす、いつもの○○(ホテル名)取っておきましたので、部屋番号わかりましたらお電話くださーい」お決まりの会話をして、いそいそと指定のホテルへ。ちなみにその日は70分コース。愛想が無駄にいいおばちゃんからキーを受け取り、早速店に部屋番号を電話する。やれやれと荷物を置いてたら、5分もしないうちにインターホンが鳴った。「どもー、今日はよろしくお願いしますー」「○○エステの裕美子です。頑張りますのでよろしくお願いします」「ずいぶんはやいっすねw まだ電話して五分もたってないですけど」「先にお店出ちゃってたんです。寒いからこのあたりで電話待ってましたから」「そうだったんですかー、あ、荷物こっち置いてください」正直、この時点で「うーん?」っていうのが第一印象。可愛くなくはないが、まあ容姿は十人並みな感じ。服装は垢抜けてるけどギャルっぽくはなく、むしろ真面目系の女子大生2年生って感じ。HPでは21歳となってただけあり、見た目はかなり若い。マジで21だったかもわからない。ただ、今日は寒いですねーとか適当に会話してみると、今までのおねーさんと違ってすごく物腰が丁寧で驚いた。すぐタメ口にならないというのか。「そうですね、風邪引いたら大変ですよね」「お仕事は外でなんですか?」とか、応対が真面目なマッサージ店みたいだなと思った。で、先に支払いを済ませていざバスルームへ。裕美子(仮)ちゃんは下着姿(黒レース。真面目な風貌とミスマッチでいやにえろい)に着替えて一緒に入ってくる。基本的に女の子は俺を洗ってくれるだけ。ラブホの狭い風呂場だから、お互い立ったままで体をごしごし。「シャワー熱くなかったですか?熱かったら言ってくださいね」なんて美容室みたいなことを言われつつ、「あれ、ちょっと元気になってますよw」「いや、すいません若いってことで・・・」という風俗っぽい会話もはさんでみたり。半勃起の愚息に泡をたっぷりつけてもらって綺麗にしてもらう。指が細くて萌えた。「見た目地味だけどええ子やないか・・・」と、確かこのあたりからテンション上がってきたかも。とにかく他の子と違うのは丁寧さだったな。わたしは今接客業をしています!って感じ。で、先にバスルームを出た裕美子ちゃんは部屋を微妙に暗くしたりベッドにタオル敷いたり、オイル並べたり有線でヒーリングミュージック掛けたりといろいろ準備を開始。ゆっくり上がった俺は寒い寒い言いながら全裸でベッドにうつぶせになる。愚息は寒さもあり通常モードに。前半は普通のマッサージなので詳しく書かないけど、背中にオイルを塗られてぐりぐりと指圧される。ガンガンもまれるというよりは老廃物を流してる感じで、力任せでなくて気持ちいい。ときどき背中に「ぺたん」と腰掛けてもまれたりするので、女の子の足とか胸とかアレとかがふにふにしてちょっと愚息が反応しちゃうのが嬉し恥ずかしい。そんなわけでけっこう密着してくれるけど、マッサージ自体は特別えろくはない。会話も天候とか仕事とか当たり障りのない感じで、「右側のほうが凝ってる」とか「目を使うお仕事ですか?」とか、普通のマッサージ店の会話そのもの。さて、徹夜明けの体を念入りにマッサージされて半分眠りそうになっているところに、おもむろに「それじゃ、お手洗いのほうは大丈夫ですか?」と聞いてくる裕美子ちゃん。いつの間にか30分の前半戦が終了していたらしい。大丈夫ですーとできるだけ平静を装って応える俺だが、「ついにNo.1の回春マッサージが体験できるのか・・・」と心中穏やかでないw ぶっちゃけマッサージはこれまででもダントツに上手で、もう全身ふわふわ天国なくらいだったが、これだけで指名1位になれるわけもない。恐らくこれからがNo.1の本領発揮のはず。姿勢は相変わらず全裸うつぶせのままで、愚息はときどき反応はしたもののおおむねごく普通の状態。裕美子ちゃんは俺の脚の方でなにやらごそごそ(ローションとかの準備?)しているが、姿勢が姿勢なので施術中はほとんどその動向はわからない。むしろそれに興奮させられることも多いんだけど。と、突然「足の間失礼しますね」と言いながら裕美子ちゃんが俺の脚の間に割り込んできた。おおお、と思ってる間もなく俺の汚い両足を裕美子ちゃんの細い足が割り開いていって、俺はうつぶせのまま大開脚(アナル丸見え)状態に。「うふふ、恥ずかしいですか?」と、ちょっとえっちな声色で囁く裕美子ちゃん。このあたりでいつも気付くが、このお店だと別に不細工でもあんまり関係ないんだよね。顔見えないから。声とサービスが良ければそれで100点満点かもしれない。「ほら、恥ずかしがらないでもっと開いてくださいね」「ほら、ちょっと腰を上げておちんちん見せてください」そんなことをいいながら、おねえさんの足がうつぶせの俺の金玉の両サイドに入ってくる。(と書いて伝わるかな?)うつ伏せでベッドと体にはさまってるチンポを、足でぐっとはさんで足コキするような感じ。もちろんケツ穴は丸見え。ビデオで撮影されてたら死ねる体勢ですよ。「可愛い格好ですねw それじゃオイル掛けますねー」とろとろーとお尻にオイル(ローションか)の感触がして、アダム徳永ばりのソフトタッチで、お尻や脇腹のマッサージが始まった。これが裕美子ちゃん、No1だけあってとんでもなく上手。もうちょっとやるとくすぐったくなるギリギリのところで、敏感なところをさわさわ、くちゅくちゅ、さわさわーとされると、鳥肌が立つと同時にガマン汁がどぷどぷ出てしまう。「あは、どんどんおっきくなってきましたよ?どうして?」「だってさっきのお風呂のときより大きいですよ~?恥ずかしいですねw」「わー、こんなに垂らしてる~♪えっちですねー、これなんですか?おちんちんの先から恥ずかしいのが出てますよ?」「ほら、もっと腰上げて?お尻の穴がよく見えるようにちゃんとひざで支えてください」「敬語+淫語」的なAVを前に見たことがあったけど、まさにそんな感じ。この子の言葉攻め、個人的に超Hit。こんなふうに辱められながら、チンポの両サイドの足でもぐにぐにとマッサージしてくれる。両手はもちろんマッサージを続けながら。うつぶせだと見えないから、まるで四本の手でエロマッサージされてるみたいです。体勢の恥ずかしさも手伝って一気に愚息はフル勃起→それもまためざとく見つけられて可愛い声で嘲笑われる→ドMになってしまった俺はもっと勃起。その繰り返し。ぴったりうつぶせだったはずの俺は、いつのまにか腰がどんどん上がり、女がバックで突かれるときみたいなひざ立ち体勢に。下(ベッド)を向いてギンギンになってるちんぽをまじまじ見られながら、ついに当店No1嬢の手コキが始まった。それがまた普通じゃないんですよ。まずはキツネの手文字?みたいな感じにすぼめた3~4本の指先で、亀頭の先をチロチロされる。と同時に、裕美子ちゃんが耳元に口を寄せてきて、あろうことかフェラしてるみたいなちゅぱちゅぱ音をエロい声で囁いてくるんです。「くちゅっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ・・・んふっ、お兄さんのここ、とっても美味しいですよ?もっと舌でちろちろちろ~ってして欲しいですか?お返事は?」姿勢がこれだからもうこれ完全にフェラですよ。ていうかフェラより手のほうが気持ちいい。彼女いるけど彼女のフェラより裕美子ちゃんの手コキのほうがフェラっぽい!ふしぎ!そこから魔法のような指技が出るわ出るわ・・・最終的にはバキュームフェラまで始まりましたよ!手で! どうやってんのかなあ、手の中に真空を作って吸い付かせてるんですかね。マジで「ジュッポン!」「ジュ・・・ッポン!」ってやらしい音がするんですよ!これがNo1か!なんてこった!完全にとろけたアヘ顔になっておねだりモードの俺に、「じゃあ仰向けになってくださいねー」とまさかの体勢変更。ひっくり返されたカエル状態の俺に、今度は恋人モードで「添い寝+手コキ」が始まった。俺この店十何回か通ってるけどこんなサービス受けたことないですけど!?「お兄さんは乳首も弱いですか?ローションつけてあげますね・・・んふふ、可愛いなー。ぺろっ」一瞬舌先と乳首を舐められて全にアヘる俺。このあたり、言われるがままにかなり恥ずかしいこと口走ってたと思う。「ずっとお姉さんのこと指名します」とか「もっと気持ちいいことして下さい」とか。そのあいだも魔法のフェラ手コキでチンポは夢気分。だいたい、このあたりからもう手コキとは思えない音が出てるんですよ。「ブポッ!じゅぼ!じゅぼ!くっちゃくっちゃ・・・ッポン!」みたいなww それに、姿勢書くの忘れてたけど、裕美子ちゃん顔がすっげえ近い。ていうかほっぺたとほっぺたが完全に密着して、髪からシャンプーの匂いがするくらいの恋人モード。なのにチンポは両手でドスケベフェラ状態。完全に天国です。「わたしのフェラそんなに気持ちいいですかぁ?うふふ、お兄さんのチンポ、あたしのお口に入らないくらいおっきいですよぉw あーん・・・カポッw」<下半身で「ぶポッ!」マジでこんな感じ。いやはやもう・・・体勢がそっから2回くらいかわって、最後は裕美子ちゃんに背後から抱きかかえられるみたいな形。すけべな両手が脇からチンポに伸びてきて、おっぱいもほっぺたも完全密着、耳元でえっちな囁きを堪能しながら・・・「ほら、ほら、もう一杯出しちゃっていいですよ?」「ザーメン溜まってるんでしょう?ほらほら、おねえさんのお口にどぴゅってしていいですよ?ほらぁ」「恥ずかしいのい~っぱい出したいでしょ?遠慮しないでお口の中にぴゅ~ってして下さい・・・あ、あ、出ちゃったあ。うふふ、もっともっとw わぁ、ザーメンこんなにぃw」というわけで最後はたっぷりやわらかい両手の中で射精させて頂きました。裕美子ちゃん、白い手の中でどぷどぷザーメン吐き出してる最中も、耳に息吹きかけてちゅっちゅしてくれる。もう最高。そんなこんなで時間終了。完全にへたばって倒れてる俺に、献身的にてきぱき世話してくれる裕美子ちゃん。あとは一緒にシャワー入って、着替えてホテルでて「また指名してくださいね」でおしまい。よかった。なんでこれ書いたかというと、今週末にまた裕美子ちゃんに予約指名してしまったからw 思い出しながら書いててテンション上がってきてしまった。明日に予約変えられないかなー。

2015/12/1 - 13:42 pm

姉との始まり

姉との始まり 

俺も半年ほど前に姉で脱童貞 それ以来ほぼ毎日やってるよ 姉 23歳 OL 160cmないくらい キョヌー(G) 俺 ハタチ 学生 170ちょい いたってフツメンだ 二人とも地方から東京に出てきてる 親の目がないのをいいことにやりたい放題需要あるかしらんが書く もともと姉とは仲が良くて東京出てきてからもすぐ近所(徒歩10分くらい)に部屋を借りたわけだ で去年の年末、俺が飲み会から帰るとき駅で姉とばったり会った 姉も忘年会の帰りだったらしい 一緒に帰るかってなって二人で姉の部屋に行った 前からお互い家を行き来してたのでふつーのことだった 姉の部屋でソファーにならんでテレビ見ながら缶ビールなぞ飲んでいたわけ なんとなく手を握ったりしてたら姉が俺の顔をじっと見つめてきた 俺も黙って見つめ返してたらなんかムラムラきて握ってた手を引いて身体を引き寄せた 顔を近づけたら姉が目をつぶったので、もうたまらんになって思わずキスしたった はなれた時の姉のはにかんだような表情が超かわいく思えた こんどは腰に手をまわして引き寄せると姉が俺の首に腕をまわしてきた さっきの軽いキスとはちがって今度はねっとりとキスした もうこの時点で俺フル勃起 抱きしめながら体をまさぐってると、姉が俺の股間をわさわさし始めた 姉「・・・したい?」 俺「うん」 姉「いいよ、しよっか」 んでセクロス突入 胸揉んだりマムコさわったりして、姉もズボンの上から俺のチムポをニギニギした やがて姉はスーツ半脱ぎのままパンツだけ脱がせて、俺は上着たままズボンだけ脱いだ 靴下はいたままだったのでマヌケな格好だったと思う 初めてだったのでうまくいかないでいたら姉が誘導してくれて無事合体 超気持ちよかった ぎこちないながらも夢中になって腰振った やがてイキそうになって 俺「ヤバイ、イキそう」 姉「いいよ、今日大丈夫だから」 さすがにそれはやばいと思って抜こうと思ったが、両足を腰に回されがっちり抱え込まれた その上、下から抱きつかれて激しいベロチュー たまらずそのまま中出ししちまった しばらくそのまま離してくれず、それどころか腰をヌルヌル動かすので、俺の優秀なご子息は萎えることなくそのまま2回目突入 結局そのまま抜かずに2回目出した それから一緒にシャワー浴びた 風呂場でフェラされた 姉フェラも超気持ちいがった 口に出したら飲んでくれた 「飲んじゃった」ってうれしはずかし笑顔が超かわいい そのあとまたビール飲んでベッドで1回して一緒に寝た それ以来、毎日とは言わないが2,3日に1回くらいはセクロスしてる 休みの日はいつも一緒にいてやってるな 明日から二人で温泉旅行いてくる 部屋に露天風呂がついてるのでたっぷり混浴プレイしてくる。

2015/11/30 - 19:23 pm

生意気キャバ嬢ににトドメの顔射

生意気キャバ嬢ににトドメの顔射 

俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉奴隷にしてやっている。リナには双子の妹がいて、二人とも同じ店で働いていて、店のナンバー1とナンバー2を争っている。妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、客に毒づくことも多いクソアマだ。しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。リナにチンボをねぶらせて、ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。それからクンニと手マンで一回いかせて、薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコにお待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。そんでベッドをギシギシきしませて「えっさかほいさ、えっさかほいさ」とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」と命令すると、リナは従順に「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」と叫び始めた。そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。後はチンボから手を離して、膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。俺は鼻の穴を精子で詰まらせてフガフガ言ってるバカキャバ嬢のアホヅラを見下ろしながら、「オメーはその程度のカスなんだよ、ボケナスが」と呟いて、心地良い征服感に酔いしれていた。それから人気キャバ嬢のアホ丸出しのハナタレヅラの顔の上でウンコ座りして、ケツを顔にブチャッ!と押し付けて、俺のケツの穴をベロベロ舐めさせてやった。そのままチンボがボッキするまでニ十分くらいクソ穴を舐めさせてから二発目開始。リナをマングリ返しにして俺のケツの穴とチンボがマンコにズボズボ入っているところを見せつけながら、腰を左右にクネクネ動かしてピストンして何べんもいかせてやった。リナは涙とよだれと鼻水を垂れ流して、「ウワァァァーッ!ンワァァァーッ!」などと叫んでよがり狂っていた。最後はまたリナの顔の上でウンコ座りして、口にチンボを突っ込んで「全部飲めよ」と命令して、喉の奥に精子をぶちまけてやった。リナは精子を飲みきれずに逆流させて、鼻の穴から白い汁を「ブフッ!」と噴き出していた。俺はニヤニヤ笑いながら、両方の鼻の穴から薄汚いチンボの汁をドロドロ垂らした生意気キャバ嬢のアホヅラをデジカメで撮影して、「バカ女が」とののしってやった。それから四つんばいになってリナにケツの穴を舐めさせながら、ローションを使ってチンボをしごかせてやった。40分くらいケツの穴を舐めさせていると猛烈にオマンコしたくなってきたので、リナを四つんばいにしてバックからドスバスに犯しまくってやった。そんで30分くらい休み無しでマンコを突きまくって汗だくになって、リナをさんざん泣きわめかせてから、またしても鼻の穴に強烈な顔射をかましてバカ女にトドメを刺してやった。リナはベッドの上で大の字になって薄汚い腐れマンコを晒して、完全に俺に屈服していた。俺は仁王立ちになって女帝気取りのバカキャバ嬢のクソマヌケなハナタレヅラを見下ろしながら、冷ややかに「メスブタが」と吐き捨ててやった。それからリナを風呂場に連れて行って、俺の足元でM字開脚をさせて、大笑いしながら鼻の穴にめがけてションベンをぶっかけてやった。リナは顔をしかめて鼻と口からションベンを溢れさせて、「アガガガガッ!」とものすごいダミ声で呻いていた。そんで「おまえ程度の女はいくらでもいる。そのおまえが俺様のようなナイスチンボの持ち主とオマンコできたことを光栄に思えや、人間のクズが!社会のゴミが!」と罵って、鼻からションベンを垂らしたままの女にチンボをしゃぶらせて、鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻にしてやったり、チンボを頬にビダビタ叩きつけてチンボビンタをして、更なる屈辱を味わせてやった。こうして俺は自分自身のスーパーデカマラナイスチンボの力で、見かけ以外は何の取り柄も無いクソバカ女を完全に征服してやったのだった。

2015/11/30 - 15:19 pm

男の娘と浮気しているのが嫁にバレたんだが…

男の娘と浮気しているのが嫁にバレたんだが…

1 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)18:56:54 ID:AoK

「今日は飲みだから帰りは遅くなる」って言ってたくせに、すぐ帰ってきやがった。
いちゃついてる時に見つかるとか、タイミング悪すぎるだろ。死にたい…

2 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)18:58:08 ID:to2

男の娘ならまだ逃れることができるぞ

5 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)18:59:36 ID:AoK

俺:かわええな~ よしよし
男の娘:かわいい?
俺:うん、嫁よりかわいいよ
男の娘:わーい。にゃはは
俺:い、いく…
男の娘:もういくの!?
俺:うわ、いく…!
嫁:ただいま~!
俺・男の娘:(帰って)きたー!

6 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:00:08 ID:PM1

強烈すぎワロタ

7 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:00:22 ID:i7a

浮気するようなやつでも男の娘と付き合えるのかあ

8 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:00:31 ID:c1l

3Pはよ

9 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:00:32 ID:dVD

誰の男の娘だよ

10 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:02:13 ID:AoK

嫁:何この女の人!?
俺:いや、これは女じゃなくてな!
嫁:家に変な女連れ込まないでよ
俺:いやこいつ男だから。やましいことしてないってマジで
嫁:嘘つくなよ。この前も変な女と浮気してたじゃん
俺:あっちからキスしてきただけ。あっちも夫いたから本気じゃない
嫁:より悪いわ! あれ以来、女と関係持たないって約束したよね?
俺:いや、こいつ男だから。
嫁:はァ?

14 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:04:14 ID:c1l

確かに”女とは”関係持ってないな

15 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:04:25 ID:D3k

男との浮気ならまだマシなんじゃね?

18 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:05:21 ID:oMK

これからアナルに突っ込まれたちんぽを舐めさせられ
まんこに突っ込まれる嫁さんかわいそう

19 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:05:33 ID:f3o

男か
セーフだな

21 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:05:42 ID:D3k

てかバイなん?

22 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:05:52 ID:AoK

俺:ついてるから
嫁:ついてる?
男の娘:うん
嫁:マジ? もふもふ あ、ほんとだ。
男の娘:ごめんなさい
嫁:男なら許されると思ったか!? どういう関係わなけ、このクズ野郎!?
男の子:やーん!
俺:お、おい落ち着けって。びびってるだろ
嫁:とっちめるぞこいつ、お前も!
俺:(やばい、激昂しとる…)

26 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:06:57 ID:D3k

>>22
いや、男だから許せよ

30 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:08:08 ID:oMK

>>26
お前が嫁さんだとしてチョコスティック突っ込まれたいと思うの?

33 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:08:48 ID:D3k

>>30
旦那が男の子とそんなことしてたら写真撮ってネタにする

41 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:11:06 ID:oMK

>>33
ネタ云々より
下手したら知らずのうちにチョコスティック突っ込まれるのがいいのか?

42 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:11:40 ID:D3k

>>41
旦那が突っ込まれる側だったら萌えるよね!

28 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:07:22 ID:Jdk

聞いてもいないのにやましいことしてないって言う時点でアウトですやん

29 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:07:22 ID:KE0

男でも女でも浮気は浮気だろ
クズを擁護してる奴はホモだな

34 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:08:59 ID:f3o

>>29
逆だろ
怒ってる奴がホモ

32 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:08:31 ID:AoK

嫁:マジ離婚しよっか? 稼ぎもないくせによー、浮気とかバカかよ
俺:まあ待て、少し冷静になれよ
嫁:これが落ち着いてられっかよ。何なんだよこいつは
俺:大学時代の同級生だから。怪しいやつじゃないって
嫁:いつからやってたわけ?
俺:そんなしてないって
嫁:マジ許せない、超ゴミだわ

35 : ■忍法帖【Lv=4,キングヒドラ,4zy】 2015/11/26(木)19:09:24 ID:sSz

>>32
稼ぎがないのか

アウトだなW

36 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:09:51 ID:D3k

>>32
そんなゴミと結婚したお前はなんだ?と

37 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:09:58 ID:KE0

嫁のセリフが完全に俺の心境と一致してるわ

45 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:13:21 ID:AoK

嫁:出てけよこら! ペシッ!
男の子:ひゃん!
俺:(マ、マジでどうしよう…)
BGM:アーア アアー アアアーー
俺:はっ!
嫁:何よ?
俺:思い…出した!!

49 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:14:22 ID:f3o

>>45
思い出したか
これで勝てるな

50 : ■忍法帖【Lv=4,キングヒドラ,4zy】 2015/11/26(木)19:14:38 ID:sSz

>>45
BGMわらた
つか何の曲だろう?
ジャングル大帝を思い出したわ

52 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:16:34 ID:7Nj

浮気相手が同性だった場合は慰謝料どうなるのでしょうかねー

56 : ■忍法帖【Lv=4,キングヒドラ,4zy】 2015/11/26(木)19:18:45 ID:sSz

>>52
「性行」したという事実が浮気だから
男でも女でも一緒

53 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:17:06 ID:AoK

嫁:バカにしてんの?
俺:いや、落ち着けよ。お前はこいつの良さがわかってないだけだって。
嫁:はあ?
俺:実際、すげーいいやつだから。というか、こいつとしてみろよ。
嫁:バカかよ!?
男の娘:お願いします(平身低頭)
嫁:まじかよ…
男の娘:何でもします(土下座)
嫁:…っ、確かにイケメンだな
俺:な、かわいいだろ? お手伝いさんとしてうちで雇おうぜ。つか養子にしようぜ
嫁:何でそうなるんだよ?
俺:こいつ家事得意だから。料理超うまいし、掃除させるとチリひとつ残らない
嫁:まじ?
男の娘:まじ
嫁:じゃあうちで雇うわ
男の娘:わーい!

55 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:17:42 ID:D3k

>>53
さすがに嘘だろ

57 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:19:01 ID:es2

温まって参りました

62 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:22:12 ID:AoK

嫁:じゃあ、今日からお前要らないわ。出てって
俺:えええー!?!?
嫁:要らないじゃん。稼ぎ悪いし、浮気するし、家事できないし
俺:ちょ、ちょっと待てよ
嫁:私が働いてる時やってたんでしょ? 私がどれだけ大変な思いで稼いでるかわかってる?
俺:ぐぬぬ…
嫁:とゆーわけで、さよならー
男の娘:さよならー
俺:えええー!? お前も!?

63 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:22:53 ID:D3k

ですよねwww

64 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:24:51 ID:3Cg

裏で嫁と男の娘が共謀していたのかもしれない

65 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:25:16 ID:AoK

というわけで、男の娘もクズだったという結末でした。
二度と男の娘とは付き合わないわ。イケメンが女のふりしてるだけ。

66 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:25:54 ID:3Cg

いや一番のクズはお前だろwww

67 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:27:44 ID:f3o

まじかよ
やっぱ女の子が一番だな

68 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:27:59 ID:AoK

嫁:うふふ、好きにしていいのよ
男の娘:えっ、い、いいんですか!?
嫁:緊張してるの? もしかして初めて?
男の娘:はい…
嫁:えー、マジ童貞!?
男の娘:童貞が許されるのは――
嫁:小学生までだしょね!
男の娘:きゃははははっ!
嫁:私たち、気が合うわね
男の娘:はい

69 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:30:20 ID:D3k

さっきまで尻穴掘られてたくせになんだこいつ

70 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:30:43 ID:AoK

嫁:もう緊張とれたでしょ?
男の娘:では、いきます …ああん
嫁:えっ、もう終わりなの?
男の娘:はい
嫁:とりあえず、お茶飲んで休憩しよっか
男の娘;はい ごくごく…
嫁:いやー飲むところもかわいい

71 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:32:56 ID:BZu

何これ

72 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:33:32 ID:AoK

嫁:さて、2回戦よ!
男の娘:えっ、またするんですか!?
嫁:そうよ
男の娘:も、もう少し休ませて下さい。まだ5分も経ってないですよ…
嫁:それだけ休めば十分でしょ いくよ!
男の娘:ああん
嫁:えっ、もう終わりなの? マジで?
男の娘:はい

74 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:35:17 ID:AoK

嫁:じゃ、3回戦よ!
男の娘:ひえーっ!!
嫁:何か文句あんの?
男の娘:こ、こわれる
嫁:だめよ。これは命令なんだから
男の娘:いやーっ! 帰りたい
嫁:うふふ、ここからが本番よ!
男の娘:きゃーっ、もうやだ~! おかーさーん!
嫁:待て-!

76 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:36:57 ID:AoK

スマホ:プルルッ
俺:はいもしもし?
嫁:帰ってきていいよ?
俺:えっ、いいの?
嫁:いいよ。あの男の娘追い払ったから
俺:まじで?
嫁:うん、そのかわりもう浮気しないでね
俺:いいよ。マジお前大好きやわ。

78 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:38:48 ID:AoK

以上、みんなありがとう! もう男の娘とは付き合わないわ。

80 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:39:29 ID:D3k

それより稼ぎ増やしてやれよ

81 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)19:41:07 ID:AoK

>>80
がんばるわ。

86 : 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)01:15:40 ID:CDV

俺も男の娘と付き合ったがために今大変な事になってる(´;ω;`)

2015/11/29 - 19:13 pm

露天風呂で

露天風呂で 

はじめまして、りおなと申します♪数年前に起きた話で、何度も思い出してはオナニーしています。中学時代から露出にハマリはじめて、ノーパンノーブラで走ってわざとおっぱい揺らしたりして、皆が見てるのを楽しんでは家帰ってソッコーオナニーが日課になりつつありましたッッ(´艸)露出にハマったきっかけは温泉!ある日、深夜までやってる近くの天然温泉にひとりで行ってきました!もう何回も利用しているところなので慣れっこです(`・ω・´)そしてラッキーなことに私以外に客ゎいませんでした!うれしくってうずうずしちゃって・・・露天風呂でオナニー!濡れた体でちょっと空気が冷たかったけど月がキレイでうっとりしながらおまんこに指を入れて、時には優しく時には激しく・・・じゅぼっじゅぼったまにクリをピンッとはじいたりして・・・「ゃぁ、ぁあん」声が出ちゃう!イキそうになったら止めて、またイキそうになったらしばらく休んでの繰り返し。オナニーに夢中になって気付かなかったケド、微かにギィ・・・ギィ・・・という音が聞こえてきます。なんだろうと思ってその音のするほうへ向かってみました。なんと!実はこの温泉、サクの向こうが男湯と繋がっていたのですっ!しかもサクの扉の錠がかかってない!(掃除のとき掛け忘れたのかな)好奇心で男湯に侵入してみましたッ(><)女湯同様客はまったくいません。。。この温泉大丈夫かな(笑)とりあえずドキドキしながら男湯に浸かり、オナニーを続けました!妄想はもちろん大勢の男の人にオナニー見られてるの♪「いく、いく、りお、いっちゃう。見て、りおのやらしいおまんこ、りおのいくとこ見てぇ」って言いながら果てました(ノ▽<)すごく気持ちが良くて、ヤミツキになりそうです。しばらく余韻にひたっていました・・・すると三人の男の人がいっせいに入ってきたんです!ヤバい!!!とっさに後ろを向いて浸かっていましたが私ゎ髪が長いのでなにやら視線を感じました(;-;)そのうち一人の男の人(35歳くらいのちょいワル系?)が「ねえ、君女の子?」って尋ねてきたので怖くなって「すみませんッ」てあやまって湯舟を出ようとしましたが腕をつかまれて「まって!」って止められました。「せっかくだからおっぱい見せてよ」ってもう一人の男の人が興奮しながら言ってきて、反発するのも怖いのでドキドキしながら見せました。私のおっぱいはちょっと大きいほうなので皆「おお~!」って言ってめちゃくちゃ恥ずかしかったです。今度は触らせろって言ってきたので触らせました。むぎゅって力いっぱい触られて・・・まだしこりがあったので痛かったです。さらにかたくなった乳首をつねられてぐるぐる回されて「ゃあんっ」て声出ちゃった。三人ともビンビンにたっててたまらず擦ったりしてました。そのうえ「まんこ見せろ」って言われたので「それはダメ」って言ったの。だって毛を剃ってつるつるにしてるからなんだか恥ずかしくて・・・そしたら「男湯に入ったことバラしちゃってもいいのかな?」って言われて、結局恐る恐る足を開いちゃった。でも内心は「見てほしい」「もっと私のつるつるおまんこ見ておちんちんおっきくさせて」って思ってる自分がいました。ガタイのいい男の人が私の背後にまわり、「よっ」と私を持ち上げおしっこポーズにさせ、「ウソッ!?」とうとう私のおまんこが二人の男に見られちゃいました!二人とも興奮してりおのおまんこをぱくぱく開いたり閉じたり指入れたり舐めたり・・・「やあん、あん、ああん」めちゃくちゃ恥ずかしかったけどめちゃくちゃ感じてえっちな声が漏れちゃいました!そのあと順番にりおのおまんこにいれてくれて、何度も何度もイキました。処女じゃないのを残念がってか(?)初めてのアナルにも挑戦しました!これは痛かった;;皆ガタイがよかったのであとで職業聞いてみたら土方だったみたいです。家に帰ったら遅い時間だったので親にこっぴどく叱られましたが、しばらく私をおしっこポーズさせた男の人の事ばかり考えてました。メアド聞いとけばよかったかな?また会いたいなあ(●^▽^●)

2015/11/29 - 12:31 pm

部屋貸しの代償

部屋貸しの代償 

兄が地方の国立大に入学して、それまで受験勉強に使っていた部屋が空いたので、僕が使うことになりました。
うちの親が所有している3階建ての雑居ビルの3階で、1階と2階は賃貸で倉庫のような使われ方をしていたと思います。
実家はひとつ隣の駅なので、食事だけは実家でして、生活はその部屋ですることになりました。

やっと手に入れた一人暮らしの自由でしたが、高校時代の僕は彼女がいるわけでもなく、金もないので、実際には利点と言えば、誰にも気兼ねせずに自慰ができることくらいだったかもしれません。
そんな僕が、学校でもかなり可愛いい女子生徒たちの恥ずかしい姿を堪能できることになるとは、その部屋に住み始めたばかりのときには考えもしないことでした。

きっかけは同じクラスのMとのことです。
Mは同じクラスの友人ですが、バスケ部に入っているモテ男で、クラスでも一番可愛いいS美と付き合っていました。
Mとはそれほど親しくしていたわけではないのですが、僕が一人暮らしをしていることを知って、「部屋を貸してくれ」と頼んできたのです。
部屋でS美とやりまくるつもりなのはミエミエでした。

僕はごく普通の高校生で、Mのようにモテる男ではないので彼女もいない童貞でした。
それがなんで他人のセックスの手伝いをしなくちゃならないんだ、と妬ましい気持ちににもなります。

「夕食の時間には毎日親が来るので、部屋に女がいたらまずいので貸せない」と言って断りました。

それでもMは諦めず・・・。

「学校が終わってから夕方までの時間でいいから貸してくれ」

そう言って、ほとんど土下座するくらいに頼むのです。

「どうせS美とヤルつもりなんだろ」

不快そうに僕が言うと・・・。

「S美とは付き合ってるけどエッチはまだしていないので、助けると思って貸してくれ」

・・・と、逆に泣きつかれてしまいました。

結局は根負けして部屋を貸すことになり、貸している間はマックで時間を潰すことにしました。
今頃はあの可愛いS美が素っ裸になってMにヤラれてるのかと考えると、悶々としてしまいます。

夕方の7時くらいになって部屋に行ってみると、二人とも帰ったらしく、もう誰も居ませんでした。
気のせいか、なんとなく部屋がイカくさいような気がします。
それで実感しました。
あのロリフェイスの可愛いS美が、ついさっきまでここで大股広げて犯られていたんだなと。
あんな可愛い子でもセックスしてるんだなあと。

僕は思いついて、ゴミ箱を見てみましたが、持って帰ったのかコンドームはおろかティッシュも何も見つかりませんでした。
ベッドにS美のヘアーが残っていないかと、シーツを隅から隅まで探してみましたが何もありません。
仕方がないので、ここであのS美が素っ裸で寝ていたんだと想像しながら思いっきりマスをかいて、青い性欲を沈めるのが関の山でした。

その後、Mには2回部屋を貸しました。
Mの態度も最初に比べると、当たり前のように「また貸してくれ」という感じでムカついたのですが、ここでS美が裸で・・・と考えながらする自慰にハマってしまって、なんとなく貸してしまっていました。

S美はクラスでも一番可愛い子なので、僕もS美が好きでした。
僕は想像してマスをかくだけなのに、Mのやつは実物ヌードを見て突っ込んでいるのだと思うと羨ましくてしかたがありません。

あのS美がやられて喘いでいる音だけも聞きたいと思うようになり、僕は真剣に盗聴とかを考えるようになりました。
心の中で一度決心がつくというか、道を踏み外してしまうというか、とにかくそうなると腹をくくる感じになって、どうせなら声だけでなくて、やっぱりS美が全裸でやられているところが見たいと思いました。
ビデオカメラでの盗撮を考えましたが、機器を持っていないのはもちろん、普段からの無駄使いが祟って買う金もありません。
そこで思い切って、兄に相談をしてみると、血は争えないということか、意外なくらいに乗り気で、「友達にビデオの機器を借りてやる」ということになりました。
もちろん撮ったビデオは見せる約束です。

何日かして宅急便で送られてきたビデオカメラをさっそく部屋にセットしてみることにしました。
そのころのビデオカメラは最近のデジタルのものに比べるとかなり大きいもので、箱を開けて大きさがわかった時には、見つからないようにセットするなんて無理かなあと心配になりました。
それでも色々と試した結果、本棚の奥のほうに隠してセットすれば、ベッドのほうから見ると暗くてほとんど気づかれそうもないことがわかりました。
いつも部屋を貸すのは夕方までの時間が多いので、録画するのに明るさも十分そうです。
結構長時間録画できる機種だったので3時間くらいの録画は大丈夫。
試し撮りをしてみると、両側の本の背表紙が陰になって、台形っぽい穴から覗いているような、いかにも盗撮という画面です。
試しに素っ裸でベッドの上に乗ってみたら、僕のちんちんもはっきり判るくらい鮮明に映っていたので期待できそうでした。

そうとも知らずに、またMが「部屋を借りたい」と言ってきました。
何食わぬ顔で了解しましたが、これで憧れのS美の本番シーンが盗み見できると思うとドキドキします。

当日は入念にビデオをセットして部屋を出ました。
マックで時間潰しをしましたが、長く感じることといったらありませんでした。
M達が帰ったころを見計らって部屋に戻ると、一目散にビデオのところへ行きスイッチを切ります。
いよいよS美のヌードを再生することにしました。

まず最初に画面に入ってきたのはMのほうです。
ベッドの端に腰掛けて、画面には映っていないS美に何か話し掛けているようです。
ビデオのセットの仕方がまずかったのか、音声はかなり聞き取りづらく小さくしか聞こえません。

そしていよいよS美が画面に登場します。
いつもの制服姿で、ちょこんとMの隣に座りました。
Mが肩を抱くようにして顔を近づけると、無言で目を瞑ってキスを受け入れる体勢です。
Mは最初、ちょんちょんという感じで軽くキスすると、その後はブチュ~という感じのディープキスに移り、そのついでに制服の上からS美の胸を揉み始めました。

(M美が乳を揉み捲くられている・・・)

それだけで僕は興奮で勃起しまくりです。

そのうちに胸を揉んでいたMの手が、わき腹の辺りをくすぐるようにして、S美のスカートの太股へと下りていきます。
S美がそれに気づいて、嫌々をするようにMの手を掴んで止めます。
Mは「いいから」とか言いながら、S美の手を払いのけてスカートの中へと手を入れていきました。
正確にはスカートの中へ手を入れるというより、S美の短いスカートを捲って股を手で包むような感じなので、S美のピンク色のパンティーは丸見えです。
S美は顔を真っ赤にしながらMの手を押さえようとしていますが力弱い感じ。
MはS美の抵抗などお構いなしという感じで、今度はパンティーの中に手を突っ込んでクリトリスの辺りをいたずらしているようでした。
S美はやっとのことでMを突き放すようにして、「待って、今脱ぐから」と言って画面から消えました。

Mはベッドの上に座りながら服を脱いでは放り投げています。
ついには全裸になり勃起した仮性包茎のちんこを自分で剥きながら盗撮カメラの前に晒しています。
こんなもの見たくもありません。

S美がカメラの前に次に現れたときは既にすっぽんぽんでした。
下着姿くらいで戻ってくるのかと思っていたので、あまりにもあっけなくS美の全裸が見られてびっくりしました。
パンティーのゴムの跡がお腹の辺りに残っていましたが、白くて滑らかそうで、プヨプヨした感じのなんとも言えないセクシーな体です。
おっぱいは思ったより小さい感じで乳首も小さめですが、ピンクっぽい綺麗な感じの色でたまりません。
そしてマン毛は、う~ん、ごく普通かな。
でも色白な全裸にそこだけ真っ黒な茂みを露わにしている様子は、ガキんちょの僕にしたら涎が止まらいないようなエッチな風景でした。

Mはおざなりな感じのキスをしたあと、中指をS美のおまんこに入れてくちゅくちゅしていましたが、すぐにそれもやめて、今度はS美の両足首を持って大股開きにさせると、舌を使って舐め始めました。

午後の明るい日差しが曇りガラスから入っているので、S美は何も隠しようのない明るい光の中でおまんこ全開の大股開きにされてカメラに映っています。
可哀想にそんな死ぬほど恥ずかしい姿を盗撮されているとも知らずに。

やっぱり経験の浅い高校生です、前戯もほどほどに、とにかく入れたいとばかりに正常位の体勢にもっていきます。
教室ではにこやかに笑っているあの可愛いいS美が、ほとんどまんぐり返しのような、はしたない格好でやられる瞬間がやってきました。
ずぶずふという感じで、少しゆっくりとMはちんこを沈めていきます。
それからはすぐに単調なズコズコという感じのピストンに移っていきます。

Mは「おう、S美のまんこ気持ちいいよ」とか言いながら腰を振っていますが、S美のほうは固く目を瞑ってほとんど無言で突かれまくっていました。
今考えると、あんな単調で前戯もろくにないセックスではS美は全然気持ちよくはなかったのでは?なんて思ってしまいます。

でもその頃の僕は違いました。

(Mの奴すげ~な、あのS美にこんな恥ずかしい格好させてやりまくりかよ~、やっぱモテる男は違うなぁ)と、羨ましながらも、なんとなくMに尊敬の念さえ感じていたのでした。

最後にMはスキンもしていない生ちんぽをS美のおまんこから引き抜くと、自分の手で擦るようにしてS美の腹の上に射精しました。
これも僕には堪らない光景です。

(あのS美が裸の体に精子をぶちまけられるなんて・・・)

事が終わると、S美はMがそのあたりに捨てまくったティッシュを拾ってビニール袋に入れていました。
ベッドの上を調べるようにして、湿らせたところをティッシユで拭いたり、陰毛を拾ってビニール袋に入れたりしていました。
僕の部屋だと知っているので、やはり痕跡を残すのが嫌だったのでしょう。
そこまでしているのに、実は盗撮でやられまくってる現場を見られてしまっているなんて、なんだかとても可哀想な気がして気の毒に思ったのを覚えています。

部屋から出ていくまでMもS美もビデオカメラには全く気付きませんでした。
それからも何回も二人は僕の部屋で若いセックスを楽しみ、僕も二人のセックスを楽しませてもらいました。

そして、そのうちにもっと楽しいことになってきました。
Mが他の男たちに、僕に部屋を借りてS美とやったと自慢し始めたのです。
高校生ですから、彼女のいる男たちはみんなセックスできる場所がなくて困っています。
何人もが僕のところに部屋を貸してくれと頼みにくるようになりました。

僕は、相手の彼女が僕の好みのタイプの時にだけ貸してやることにしました。
もちろん盗撮しますが、それは内緒です。

二人目の獲物は、ちょっとガラの悪いAです。
彼女はいつも偉そうな態度のヤンキーっぽいR恵です。
ほとんど脅されるようにして貸したのですが、あの小生意気なR恵のセックスを録画したら、いつか友達を集めて鑑賞会をしてやろうかとか思いました。
Aもでかい図体しているわりには仮性包茎のお粗末セックスでした。
でもR恵はフェラチオまでしていたのでびっくりしました。

優等生タイプのSが頼みにきた時には驚きました。
彼女はとっても真面目そうなYちゃんです。
あんな大人しそうなYちゃんもセックスさせちゃうんだ。
しっかり録画させていただきました。
優等生タイプのほうが弾けるんですかね。
それまでの女の子の中で一番声を出してましたよ。
バージンじゃないのは意外でした。

なんやかんやでいつの間にか、クラスや他のクラスの女の子たち15人も盗撮してしまいました。
処女喪失シーンも4件ほど・・・。

やっぱり女友達のセックスシーンは興奮します。
学校で会っても、その女の子の処女喪失シーンを知っているのは不思議な感じで、顔を見るだけでドキドキします。

本当にあの部屋を譲ってくれて、ビデオまで貸してくれた兄には感謝しています。

2015/11/28 - 19:01 pm

隣に住む若妻

隣に住む若妻 

隣に3年前に当時22歳の若い夫婦が引越ししてきた。
そのうち赤ちゃんの泣き声がよく聞こえていた。
少し茶髪でギャルぽい若妻が子供を保育園に預けてから家事が終わると、昼の静かな部屋に喘ぎ声が聞こえるようになった。

静かに俺は覗き見に行くとパンティーが片足に引っかかり、ブラが首まで上がりオナニーをしていたのです。
喘ぎ声が毎日というほど聞こえていました。
月に一回回ってくる回覧板を喘ぎ声が聞こえているときにチャイムを鳴らし呼ぶと、顔を赤くして少し乱れ気味の服装で彼女は玄関を空けた。

回覧板を渡すときに、俺は言った。
「旦那さんとはエッチしてないのかな??」
彼女はびっくり顔で、
「え~~なんですか?」
「いや~奥さんの声が毎日聞こえてくるもんで」
さらに顔を赤くして手で隠して玄関を閉めてしまった。

2~3日すると押し殺したようにまた喘ぎ声がかすかに聞こえてきました。
俺はチャイムを鳴らし、玄関が開くと中に押し入った。
なんですか?と追い払うように彼女は言ったが、俺はそそり立つ物をズボンを脱ぎ、目の前に出して言った。

「奥さんこれが欲しいのでは?」
彼女は目を点にして棒立ち・・・手を取り、俺のペニスを握らせ、キャミの紐を下げて胸を露出させてから鷲掴みした。
硬直してるみたいにただ立ってるだけで人形みたいです。

スカートをめくりパンティーの中に手を入れて指をあそこに入れると濡れている。
オナニーで濡れてたのか??
二本指を入れて中で動かすと彼女は顔を上向きにしてしゃがみこんだ。

ペニスを口にあてがい押し込み腰を顔に当てるようにピストンをした。
上半身裸にして乳房を揉み、腰を振りピストンを続けてると、彼女はよだれを口から出すように俺から離れて倒れたのです。

股を大きく広げたまま、俺はパンティーを剥ぎ取り、乳首を舐めながら指を二本入れてかき回してやると、喘ぎ声を出して体をくねらせて悶え始めた。
俺は彼女を抱きかかえるようにベットに連れて行き、全裸になり彼女に覆いかぶさり全身愛撫をしたのです。

彼女から「きて~」と言い出し、挿入すると腰を持ち上げて体を反り返り「あ~~~いい~~」と自分で乳房を揉んでは叫んでた。
ピストンも早くなり彼女の口に出すと舐めるように飲み、俺のペニスを咥えては出し入れしていた。

2回目は後ろから突いてやった。
次の日、俺の家のチャイムが鳴り出ると彼女だった。
目がうつろでセクシーな顔。

手をひっぱりあげ、応接間のソファーに座らせ、ペニスを出すと咥えてきた。
ソファーで2回口に出して終わるとしばらくして彼女は言った。
「私、子供を生んでから夫としてないの、体が燃えて我慢できないから毎日オナニーしてたの」

そして「明日もお願い」と言ってきた。

2015/11/28 - 12:00 pm

出会い系での再会

出会い系での再会  

以前、¥で「●●●スタイル」というサイトで31歳の人妻のゆかりと出会って、すばらしいひと時を過ごさせていただいたのですが、それから1ヶ月か1ヶ月半ほど経った頃に偶然、ゆかりさんと街で再会しました。

ゆかりさんとは体の相性もよくて、セフレの1人にでもと思ったのですが、遠方から来ていたようで、頻繁に会えないようなので泣く泣く別れたことを覚えています。

そんなゆかりさんがどうしたのかと思っていると、彼女の方も僕に気付いて「久しぶりね」って声をかけてきました。

ゆかりさんは「ちょっとすっぽかされちゃったみたいで」と少し照れながら言いました。僕は、まだ出会い系とかしてるんだと思い、とっさに「私もです」と話を合わせました。

それから喫茶店に行って世間話や彼女の愚痴なんかを聞いてるうちに、「せっかくだから、またどうですか?」と誘うと、「そうですね。でも、なんか恥かしい……」と伏せ見がちに答えました。

ゆかりさんは月に1~2度、他県から知り合いに出会う確率が低い都内に出て来ているということでした。もちろん、ひと時の情事を楽しむために。

ホテルに入ると、さっきまで頬を赤らめていた貞淑な女性とは一変して、欲求不満のスケベな人妻に変貌するのが表情を見てすぐにわかります。

手に余るような爆乳を背後から抱き寄せるように揉みながら、固くなり始めたチンチンを押し付けると、ハァハァと息を弾ませて顔以外も赤くなっていきます。

タイトスカートを巻くって、パンティの上から触るとすでに湿っていて、直接触るともうグチョグチョでした。

クリトリスを指で刺激すると、体をビクンビクンと反応させて、膝や腰をガクガクさせてるので、お尻に押し付けていたチンチンが刺激されてきて、完全にボッキしてきてしまいました。

ゆかりさんは、まだ部屋に入ったばかりの玄関先だというのに、「お願い、入れて、後から突っ込んでぇ」とお尻を突き出しながらお願いしてきました。

僕は基本的に相手のプレイに合わせる主義だし、僕も彼女のお尻に刺激されて結構ヤバかったので、リクエストに応えて激しく反り返ったチンチンを入れてあげました。

生で入れた膣は、僕のチンチンに絡み付いてくるような感触で、あの日の甘いひと時を一瞬にして思い出させてくれました。でも同時に、甘美な興奮も蘇えり、やばいくらい興奮してきてしまいました。

ゆかりさんの色っぽい喘ぎい声に混じって、腰を打つたびに鳴るパンパンといういやらしい音が響いて、また僕を興奮させます。

ゆかりさんもどんどんいやらしくなり、「久しぶりのチンポ、あぁ、いいの、子宮に響いて、あぁぁ」と淫らな言葉を発して、膣を収縮させてチンチンを締めつけてきます。

前戯もままならない状態で入れたにも関わらず、彼女はどんどん昂ぶっていき、「最後は顔に、顔にかけてー」と言うので、大量のザーメンを容赦なくぶっかけてあげました。

ゆかりさんは力なく尻餅を付くと、ハァハァと荒げていた呼吸を整えるように、しばらく床に横になっていました。

僕はビールで喉を潤すと、熱いシャワーを浴びてから、ベッドに行きました。入れ代わるようにゆかりさんも入っていきました。
残りのビールを飲んでいるとバスタオルを巻いたゆかりさんが出てきて、寄りそうに寝るとキスをねだってきました。

外では貞淑な女性、SEXの最中はド淫乱の変態女で、ベッドの上(前戯前やSEXの後など)では子供のように甘えてくる不思議な女で、その1つ1つのギャップなどから以上に興奮させる女でもありました。

しばらく少女のような甘えた姿を見せていましたが、僕のチンチンが復活したのを機にまた一変して、ド淫乱な女に変わりました。

貪るようにチンチンを咥え、玉ぶくろや蟻の戸渡り、アナルまで舐めてきて、高級ソープ嬢顔負けのテクニックでしゃぶります。

時間があれば彼女の口の中で爆発させたいのですが、旦那さんが帰ってくるまでに家に帰らなければならず、遠方から来ているのでゆかりさんが帰る時間も早く、ゆっくり楽しめません。

だからなのか、ゆかりさんはイキそうになると弱めたり、乳首を刺激したり、でまた少し落ち付くとチンチンをしゃぶるという焦らしテクを身に付けていて、男がいつイキそうなのか手に取るようにわかるような女でした。

だから男にしてみれば、最高に気持ちよくて、チンチンがおかしくなりそうなほど感じて、悶絶しまくってしまうくらいでした。

ゆかりさんが満足するまで舐めてから、やっと合体です。2度目は彼女が騎乗位で跨ってきました。騎乗位でも、彼女主導で腰を動かします。

自分が気持ちいい場所に当てながら、同時に男の射精を管理するかのように、絶妙な腰付きでピストンするので、イコうと思ってもなかなかイカせてもらえず、快感の無限地獄をさ迷っているかのような錯覚を覚えるほどです。

ゆかりさんは、自分がイキそうになるとピストンのスピードを早め、徐々に膣の締め付けも強くしていき、彼女は「一緒に、一緒にイッて、お願い、一緒に」と言いながらラストスパートをかけ、僕は彼女のエクスタシーに合わせて、イカされました。

こんなSEX、他の人はどう思うかわかりませんが、僕は何度もしてみたい最高のhttp://bestlook.mobi/SEXです。

(C)秘密のエッチな体験談